無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お金が貯まる女性はここが違う!チリツモが大きな差になる「小さな生活習慣」

「お金が貯まる女子」と「お金が貯まらない女子」ではお金の使い方や生活習慣が違います。きつい節約を行っているわけでもなく、ケチでもない。日頃から無駄遣いをしないよう心掛けだけで、しっかりと貯金ができている「お金が貯まる女子」の生活習慣をご紹介します。

2018年12月
ライフスタイル

お給料は使い切り派?貯金派?

www.pexels.com

あなたはお給料が出たら、無計画に使ってしまう派?それとも貯金することを見越して計画的に使う派でしょうか?貯金をする・しないにかかわらず、きつい節約などケチケチしたお金のやりくりはストレスの元ですよね。

www.pexels.com

貯金を上手に行うポイントは目標額を大きく設定し過ぎないこと。また、毎日の生活習慣の中から少しずつ無駄を削ることから始めるのが重要です。

www.pexels.com

ケチケチ生活したくないけど将来のお金にも不安がある…。そんな現代女性たちに向け、簡単に取り入れられる、「お金が貯まる」生活習慣をご紹介します。

銀行の手数料は最小限に

銀行から現金の引き出しを行う際、時間外手数料についてもっと意識してみましょう。手数料の掛からない時間内に現金を引き出すことを意識するだけで、手数料分の出費をそのまま貯蓄へ回すことができます。

まずは毎月いくら銀行手数料を支払っているのか、ざっと計算してみましょう。計算してみると、少額しか支払っていないと思っていても、思った以上に手数料を支払っていることに気付きます。

さらにそれらを年間で考えるとその支払金額はさらに大きくなります。手数料がかからない利用時間内に引き出すだけで、そのお金は簡単に節約することができます。

また時間外手数料を払わないよう意識すると、残金を意識して買い物をしたり、現金が必要になりそうな場面を想定して多めにお財布に入れるなど、お金を計画的に使うための工夫が身についていきます。

ちょこっと買いを止める

毎日の買い物は家計に大きな負担となります。単純に買い物の回数を減らせば、出費も減らすことができます。少額でも毎日買い物していれば、最後には家計を圧迫する出費になっていることも少なくありません。

しかし分かってはいても、実際に食費や雑費を計算したり、計画的にお金を使うのはちょっと大変ですよね。そんなときには、まずはお店を訪れる回数を減らしてみましょう。

何気なくコンビニ寄るのをやめたり、スーパーマーケットに行く回数を減らしてみましょう。さらに、一度の買い物では数日を見越して必要な物を計画的に購入するように心がけると、さらに節約へと繋がります。

分割払いはしない

クレジットカードでの支払いの際、分割払いを利用する場合もありますよね。家計が苦しい時や急な出費が重なった場合には非常に便利な機能ですが、分割回数が増えるほど、金利手数料も多く支払わなければなりません。

分割払いは、現金払いやクレジットカードの一括払いに比べて支払い期限に猶予があるものの、その金利手数料分の余計なお金を支払うことになります。

支払いの際には、分割で金利手数料を支払ってまでそれを購入する必要があるのか一度考えてみましょう。

賢くレンタルする

社会人になると、友人の結婚式やパーティなど、ドレスアップしなければならないシチュエーションが増えますよね。その都度お洋服を新調していては、家計は火の車です。

ドレスアップするなら、今は賢くレンタルする時代。ドレスはもちろん、ブランド物のバッグや靴までがレンタルできるので、結婚式はもちろん大切なデートまで、様々なシーンに合わせて賢く利用したいものです。

ストレスは貯めない

上手な節約には適度な息抜きも必要です。本当に欲しいものを見つけたときや、女子会などでは「節約」を考えずにお金を使うことも大切なことです。

www.pexels.com

貯金することに執着して、節約することにストレスを感じるようではいけません。お金を使う場面ではきちんと使ってメリハリをつけることが、無理のない節約を行うポイントです。

毎日の生活を豊かにすることを貯金の目的とし、楽しみながらストレスにならない範囲で節約するようにしましょう。

お金のたまる生活習慣

いかがでしたか?ちょっと意識することから始められる「お金の貯まる生活習慣」。普段の生活をちょっとだけ見直して、お金の使い方についてもっと考えてみましょう!

記事に関するお問い合わせ