無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[台湾情報]踊るキューブ、微笑むオブジェ。アートが溢れる注目ホテルに、台中花博限定プランが登場!

旅行・おでかけ

2019年4月24日まで「台中フローラ世界博覧会(花博)」が開催されている台中市。昨今の台南人気に押され気味ながら、実はリノベーションブームなど数々の流行を生み出してきた都市です。廃村間近の軍人村を極彩色のペインティングで生き返らせた「彩虹眷村」は、いまや台中を代表する観光地に。街の人々のアートへの意識も高まり、おしゃれスポットも続々と登場しています。その外観が目を引くホテル「台中大毅老爺行旅(ザ・プレイス・台中)」も、そのひとつです。

アートの街をクールに彩るデザイナーズホテル

国立台湾美術館に続く公園道「草悟道」。付近には緑道が続き、ふたつの美術館、さらには国立自然科学博物館と植物園が広がる、台中の芸術エリアにオープンした「台中大毅老爺行旅」は、日本的サービスで人気のロイヤルグループと大毅建設によって、2018年7月に誕生しました。新旧の時代が交差する都市の文様をイメージしたマス目状の外壁、色とりどりのキューブが屋上で踊る斬新なデザインが話題です。

見る人の感性を刺激する、台湾モダンアートの数々

ホテルの中も、とびきりアーティスティック。例えば、エントランスでゲストを出迎えるオブジェの数々。金色の卵の上にうずくまる黒い人物は、台湾人アーティスト崔永嬿氏による『金蛋』。これは、こびとのサーカス団をイメージした『蹬蹬腳尖兒馬戲劇團』シリーズの一員で、笑みをたたえて深々とおじぎをし、歓迎の気持ちを表しているのだそう。屋外には金色のフラフープを披露する『HULA』、タケコプターを装着した『金色螺旋槳』などが鎮座しています。その佇まいはとてもユーモラスで、見るほどに“キモかわいい”魅力に引込まれること間違いなしです。

アートで名所を案内。美しき台中をシンボリックに表現

フロントの背面に掲げられているのは、朱芳毅氏によるセラミックの立体作品で、台中駅、市庁舎、草悟道、綠川水岸、オペラハウス、国立台湾美術館など、この地を象徴するスポットを表現しています。唯一、淡いピンクに色づけされているのは、台中の花である長寿花なのだそう。これらすべてを見て回り、台中の魅力を知ってほしい……そんなメッセージが伝わってくるようです。

エレベーターホールには気鋭のアーティストの意欲作

所蔵作品のほかにも、エレベーターホールを利用した『最短距離 Beeline』展を開催。4人のアーティストを招き、プラントアート、イラスト、書道詩など、さまざまな手法によって、台中の街の表情を斬新に切り取って見せています。これはホテル「台中大毅老爺行旅」が提案するおもてなしの形「Fun、Fusion、Fashion」が表現されているのだそう。

ミニマムなデザインで居心地のよい客室

客室のデザインもクールです。外観同様、キューブのモチーフを効かせつつ、モノトーンで統一。そこへビビットカラーのソファや椅子を差し色としてフィーチャーすることで、メリハリある快適な空間を創り出しています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ