無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[妊活] 妊娠と出産 お金の話 #3 妊娠中にもらえるお金

「妊活中から育児まで、もらえるお金は結構あります」と話すのはファイナンシャル・プランナーの畠中雅子先生。「子どもは欲しいけれど、お金のことが心配」というあなた、必読です!今回は、<妊娠でもらえる!>お金について、解説していただきます。

子育て

制度を利用すれば、病院にかかる費用は軽減されると感じました。ただ出産準備にお金がかかったので、産後の助成制度が欲しい~。(石川県・33才・2ヶ月児)

case.2 パート・アルバイト

【妊娠】
○妊婦健診費の助成: 50,000円
【出産・育児】
○出産育児一時金: 420,000円
○児童手当:105,000円
○乳幼児医療費助成:中学校3年生まで無料
○育児休業給付金:500,000円

■TOTAL 107万5000円

パートですが雇用保険に加入しているため、育児休業
給付金が受け取れました。とはいえ、やっぱり子どもを産むのはお金がかかる!(東京都・31才・9ヶ月児)

case.3 会社退職

【妊娠】
○妊婦健診費の助成: 50,000円
○出産手当金:160,000円
○失業給付金:300,000円
【出産・育児】
○出産育児一時金: 420,000円
○児童手当:合計100,000円
○乳幼児医療費助成:就学前まで窓口支払い1回600円

■TOTAL 103万円

失業給付を延長しましたが、すでに再就職活動を始めて受け取りました。もう少し休みたいけれど、お金がないと子育てできません!(茨城県・36才・11ヶ月児)

※特集内のDATAは「妊娠・出産・育児のお金」に関するアンケート(2017年12月実施・有効回答310人)

妊娠と出産 お金の話 #1 妊活中からもらえるお金があるってほんとう!?

【監修】畠中雅子先生
ファイナンシャル・プランナー
マネーライターを経て、1992年にファイナンシャル・プランナーに。1女2男の母。実体験に基づくアドバイスに定評があり、新聞や雑誌など多数のメディアでの執筆や、セミナー講師など幅広く活躍している。

■マンガ/平松昭子
■構成・文/編集部

▼発売中の『妊活たまごクラブ2018-2019年版』は、妊活に役立つ情報が一冊に詰まった妊活スタートブック。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ