無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アディクション 2022春新作ベースメイク『スキンプロテクター カラーコントロール』が大活躍の予感♡

メイク

ADDICTION(アディクション)|2022年春の新作コスメ

こんにちは、ふぉーちゅん編集部です。
ADDICTION(アディクション)2022年春新作コスメの予約開始日や発売日、商品内容が情報解禁となりました!
今回の記事では、春夏のベースメイクに大活躍の予感!日焼け止め効果もあり、様々な肌悩みを解決してくれる『アディクション スキンプロテクター カラーコントロール(全4色)』をご紹介します♡
気になるスウォッチや使用感のレビュー・通販情報をチェックしていきましょう。

ADDICTION(アディクション)ってどんなブランド?

ADDICTION(アディクション)は、自分らしいスタイルを求めるすべての人たちのために生まれ、ひとりひとりの個性を最大限に生かしたスタイルを創り上げる、斬新なメイクアップブランド。

2009年に設立され、メイクアップアーティストのAYAKOがプロデューサーを務めていたADDICTION(アディクション)ですが、2020年1月からは新クリエイティブディレクターにKANAKOを迎え、新たなスタートを切りました。
世界から注目される多様なカルチャーを生み出しつづける街“TOKYO”の名を冠し、日本をオリジンとしたブランドとして世界へBEAUTYを発信しています。

コントロールカラーって実はとっても優秀!

コントロールカラーの役割とは?

コントロールカラーとは、肌色の悩みを補正してくれるアイテム。
色ムラを整えたり、くすみを消してトーンアップしたり、お肌に血色感や透明感を与えるなど、様々な効果があります。

「化粧下地やコンシーラーとどう違うの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
化粧下地は、主にお肌の凹凸を目立たなくし、キメを整える役割を持ちます。化粧崩れの原因となる、皮脂やテカリを抑える効果を持つ製品も多く、ベースメイクには欠かせない存在です。

くま・しみ・そばかすなどの部分的なお悩みは、コンシーラーを使って隠します。
ファンデーションは、高いカバー力でお肌全体を整え、コーティングする目的で使いますよ。

コントロールカラーは基本的に肌色補正を目的としているため、化粧下地やコンシーラーとは異なる役割で働いてくれるのです。

それぞれのアイテムが理想のお肌を作るために、ベースメイクの工程で各々の役割を果たしています。その中でコントロールカラーは「色補正担当」ということですね!

コントロールカラーの「色」にはどんな効果が?

コントロールカラーには色が付いていて、お悩みに合わせて使い分けます。

ピンク:くすみを抑えて血色感をプラス
ブルー:黄味を抑えて透明感をプラス
グリーン:赤み・ニキビ跡をカバー
パープル:ピンクとブルーの間で黄味を抑えて、血色感をプラス

どのタイミングで使用するの?

コントロールカラーを塗るタイミングとしては、ファンデーションの前が基本。
【化粧下地・日焼け止め】→【コントロールカラー】→【コンシーラー・ファンデーション】の順で仕上げていきます。

コントロールカラーを仕込んでおくことによって、ファンデーションを厚塗りする必要がなくなります。ファンデーションの量が減ることで、メイクが崩れにくくなる利点も。
トレンドの素肌感のあるナチュラルメイクを叶えることもできますね!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ