無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[いて座]2019年下半期 鏡リュウジの12星座占い

ライフスタイル

鏡リュウジ監修の2019年いて座下半期の総合運・恋愛運・仕事運・月ごとの運勢をチェック!

【いて座の基本性格】いて座が求めているのは、ここではないどこか。遠くにある理想郷です。けれど、実はそのゴールよりも理想の場所を追い求める過程こそが大切。生きているかぎり夢を追いかけていたい。そんな思いを抱く星座なのです。

【いて座の下半期総合運】
これから夏の終わりにかけて大幸運期が続く

幸運の星・木星がそのホームであるいて座に滞在している2019年。12星座の誰よりも大きな幸運を手に入れられる時期です。しかし、実はこの上半期、まだそうした恩恵を受けられていない・・・と感じているいて座は多いかも。それは、上半期には過去の整理や土台を築く運の流れもあったため。ここまで、古いしがらみを断ち切ったり、実力を磨いたりといった「地ならし」をしっかりやってきたあなたはチャンスです!

これから夏の終わりまで、すべてを取り返すくらいの幸運を手に入れられるでしょう。11月は心機一転。リスタートのタイミング。幸運期の総決算をし、これからを見据えた目標を立てるといいでしょう。過去を見直し、それを足場に未来を見ることが大きな実りにつなげるポイントに。

【いて座の下半期恋愛運】
11月は要注意!衝動的な判断は後悔のモト

愛情面では、深さと広がりを感じられるのが夏。大切な人との絆を再確認し、一緒に同じ方向を見て歩いていこうという決意を新たにするでしょう。揺るぎない思いで人生を共にしよう、と覚悟を持って結婚を決意する人もいそうです。結婚相談所や婚活アプリなどを活用したり、お見合いをしたりするにもいい時期でしょう。

夫婦間の愛情バランスは、7月に再調整の動きが。譲れないところでせめぎ合うより、相手が優先でもいいという部分にフォーカスを。お互いに「これは、好きに決めていいよ」と言うことで心にゆとりが。

やや運気が低迷するのは11月。自分に自信がなくなり、あなたを思ってくれている人を遠ざけたくなる暗示があります。この月は極端な行動に走らず、デートの回数を減らすなどして気持ちのバランスをとりましょう。衝動的な判断で後悔せずに済みそうです。12月には運気回復! 新しい出会いが期待できます。笑顔で相手の心を射止めて。

【いて座の下半期仕事運】
挑戦するなら7月から9月の間に!

7月から9月まで、華々しいチャレンジ運がめぐってきます。いて座ならではの楽観性と冒険心がうまくマッチし、ほかの人なら二の足を踏むような仕事にも果敢に挑んでいけるでしょう。さらなるステップアップを望むなら、この時期は貪欲なまでに上を目指して。特に、誰もが認めるような結果を残すには9月上旬までに勝負を仕掛ける必要があるでしょう。

10月になると運気は下降線を描きます。今の仕事である種のピークに達してしまうため、次の目標がないと宙ぶらりんの状態になってしまうのです。これまでの経験を活かし、次のステージに立つにはなにをすべきか、ここはじっくり自分と向き合って。その模索や回り道は、12月に素晴らしい飛躍となって開花するでしょう。

【いて座の下半期月ごとの運勢】
12月に次なるステージへの扉が開く

7月
うまい話には裏がありそう。危なげな誘いには耳を貸さず、回避して。お金を貸すのもNG。なにかチャレンジをするなら、トップを目指しましょう。その熱い思いが好結果に。

8月
地道にがんばってきたことが実るとき。周囲にも認められていい気分になりそう。同時に、次の目標を設定してみるとより大きな幸運が。「もっとできる」と信じることが大切です。

9月
神社仏閣に行くと気持ちが引きしまる月です。心を静めて参拝すると、謙虚な心で物事と向き合えるでしょう。違う意見を持った友人の考えを取り入れるのも開運につながりそう。

10月
結論は急がずに。迷ったり悩んだりするのも大事なプロセス。その結果を待たずに決めてしまうと後悔しそうです。反対にとことん考え抜いた末なら、どんな決断も納得できるでしょう。

11月
少しずつ希望の光が見えてくるときです。恋愛に関することは思いきった答えを出してもよさそう。人に言えない話は絶対に口外しないで。口がかたい人だと信頼される暗示が。

12月
次なるステージへの扉が開く月。これまで得てきたチャンスの種を確実に芽吹かせる準備を始めるのがおすすめ。年末年始の間にがんばっておけば、2020年も好発進できるでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ