無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬のパチパチはこれで回避!イヤ~な髪の静電気を防ぐ方法を美容師が解説

冬になると気になる、「パチパチ」とした静電気。
自分なりに気をつけていても、不意打ちにものすごい静電気にあってしまうと、痛みもありますし、何かをさわることにも臆病になってしまいますよね。
女性の場合、とくにツライのが髪の静電気。そんな困った静電気を防ぐ方法を、美容師の木村旭宏さんに教えていただきました。

木村旭宏

ヘアスタイル

■:空気の乾燥を防ぐこと

もともと静電気は、原子のプラスとマイナスが摩擦することによって電気のバランスが崩れ、電気が外に飛び出すことで「バチッ」と火花が出てしまうことを指します。
この現象が起きないために、まずは空気を乾燥させないことがポイントです。

暖房を使うことで室内の空気はかなり乾燥します。暖房を使うなら加湿器も一緒に使って、適度な湿度を保つ工夫してみて。空気にうるおいをプラスすることができるので、静電気が発生しにくい環境を作ることができます(木村さん)

■:髪の毛の乾燥を防ぐこと

「静電気が起きる=乾燥している」ときなので、髪も乾燥していればおのずと静電気が起きやすい状態になっています。

髪の毛内部にはもともと水分が含まれているので、髪が健康でうるおっている状態のときは心配することはありませんが、髪にダメージが起きていて、わかりやすい例でいうと、髪の毛がパサついている状態なら静電気の影響を受けやすくなってしまいます。

そこで、乾燥を防ぐことで髪の静電気はある程度防ぐことができますから、トリートメントやオイルなどを使ってうるおいを維持することで、絶えず髪を乾燥させないことが重要になってきます。

今ちょうどおすすめなのが『PANTENEウィンターレスキュー』。

限定商品で、シャンプー、トリートメントと一緒に購入できます。
静電気が起きやすいという口コミに対策を練ってだしてきた、渾身のトリートメント。
しっとりとした使用感は、うるおいに満ち足りていて、心も満たされます(木村さん)

■:枕を変える、ナイトキャップを使う

ふだん使っている枕の素材に注目してください。
ポリエステル、ナイロン、ウールといった、静電気を帯びやすい枕や枕カバーを使用している人は要注意。

寝ている間、枕と髪の毛の摩擦は避けられませんが、こういった素材の枕を使用することで、ますます静電気が髪の毛に帯電することに。

枕を買い替えるのもひとつの策ですが、わざわざ買い替えなくてもシルクのナイトキャップを使うだけで、簡単に解決できます。

シルクは保湿効果も高く、髪を乾燥から守ってくれるんです。
また通気性もいいため、ムレも気になりません。髪と枕の摩擦だけでなく、髪と髪の摩擦も防いでくれるので、髪のからまりも防いでくれます。

とくに髪が細くやわらかい人にとって、シルクのナイトキャップはとても効果的。ちなみに海外の女性はというと、髪がからまりやすいためにシルクのナイトキャップを使っている人が多いのですよ(木村さん)

■:ブラシを変えてみる

髪の毛をとかすヘアブラシを、静電気を防ぐために有効なヘアブラシに変えるのもおすすめです。

豚毛をはじめとした天然毛を使った、木製素材のヘアブラシは、比較的静電気が起きにくくできていて、プラスチック製のヘアブラシは静電気が起きやすいと言われています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ