無料の会員登録をすると
お気に入りができます

基本をおさらい♡料理の基本「さしすせそ」で料理上手になる方法

調味料の「さしすせそ」といえば、料理の基本ですよね。調味料の名前は言えるかもしれませんが、それぞれどう使うのかきちんと知っているでしょうか。そこで、今さら人には聞けない、調味料の「さしすせそ」について解説します。

レシピ

酢の活用テク①ごぼう・れんこんのアク抜き

ごぼうやれんこんは酢水にさらすことでアクを抜けます。アクを取ったごぼうやれんこんは、料理しても黒くならず、変色も防げるのです。料理の彩りも良くなるでしょう。

酢の活用テク②煮物・煮汁・炒め物にひとふり

料理の仕上げに酢をひとふりすると、仕上がりが良くなります。例えば煮物や煮汁。仕上げに入れると、味がさっぱりとして、具材も柔らかくなります。

炒め物に入れると、酢が全体に行き渡ることで味も均一に。意外ですがチャーハンの仕上げに、鍋肌に伝わせて酢を入れると、味が均一になってもっとおいしくなります。ぜひお試しあれ。

酢の活用テク③:肉・魚を焦げさずパリッと焼き上げる

-ap- on Instagram: “*2018.4.11* gm☁️ 今日はお天気下り坂みたいですね〜 春の嵐だとか。 嫌だなぁ。 ・ ・ 私は朝からそんなに食べられない人なので朝はトースト+ミルクティが定番。 ショボショボ朝食すぎてとてもじゃないけどpost出来ませんが😂、 @bruno_enjoy の…”
instagram.com

肉や魚を網やグリルで焼くと皮がくっついてしまいますよね。そこで、焼く前に酢をキッチンペーパーに吸わせて、網やグリルに塗りましょう。皮がくっつきにくくなり、しかもパリッと焼けます。後片付けも楽ちんです。

せ:醤油

香り付け、旨味、消臭効果

「しょうゆ」を「せうゆ」と書いていたので、「せ」が当てはまります。醤油は塩味付けに使われますが、他にも甘みや旨味、酸味、苦みを感じられる調味料です。

実は塩よりも塩分量は少ないので、尖った塩味をまろやかにしてくれます。醤油の味を生かし、甘みや旨味を引き立たせるのにも。

@akanesora39 on Instagram: “・ ・ 今日の晩ごはん ・ *手毬寿司 *ローストビーフカルパッチョ *煮しめ *菊花ラディッシュ *栗きんとん *黒豆 *桜玉 *お雑煮 ・ 毎年同じようなメニューのお正月ごはん🎍 夫がおせち得意じゃないので好きなものだけ 作りました😊(黒豆と桜玉は買ったもの)…”
instagram.com

照り焼きなどでも香ばしい香りと、照り出しに役立ちます。他にも、刺身に醤油をつけると生臭さを感じにくいなど、消臭効果も。さらに、醤油漬けなどが日持ちするのは防腐・殺菌作用によるものです。

醤油の活用テク①煮物の最後に醤油をひとまわし

醤油は加熱で風味が飛んでしまいます。そのため、醤油は料理の仕上げに入れましょう。最初に醤油で煮る料理のときも、最後にもう一度醤油をひとまわしすると◎。香りが良くなり、ぐっと風味が高まります。

醤油の活用テク②鶏の照り焼きを上手に作るコツ

醤油の照りが香ばしい鶏の照り焼き。おいしく作るコツは3つあります。1つ目は皮をパリパリに焼き上げること。そのために、皮をフライパンの面にぎゅっと押さえつけましょう。

記事に関するお問い合わせ