無料の会員登録をすると
お気に入りができます

基本をおさらい♡料理の基本「さしすせそ」で料理上手になる方法

調味料の「さしすせそ」といえば、料理の基本ですよね。調味料の名前は言えるかもしれませんが、それぞれどう使うのかきちんと知っているでしょうか。そこで、今さら人には聞けない、調味料の「さしすせそ」について解説します。

2019年1月
レシピ

調味料の「さしすせそ」

使いこなせば料理上手になれる!

料理の基本でもある、調味料の「さしすせそ」はとても有名ですよね。調味料の名前が頭に浮かんでも、それぞれの役割や使い方をきちんと知っているという方は少ないのではないでしょうか。

そこで、調味料の基本である「さしすせそ」について徹底解説します。今まで知らなかった使い方から、使う順番まで。これを読めば今日から料理上手になれますよ。

さ:砂糖

甘み、食材を柔らかく、酸化・腐敗防止に

料理の甘みを付ける砂糖は、水分を含みやすい性質があります。そのため、食材に染みこませて水分を含み、柔らかくしてくれるのです。他にも照り出しにも使えます。

また、酸化を防ぐ働きもあるのです。さらに、砂糖は食材から水分を奪うことで含むので、水分が必要なカビなどが繁殖しにくく、腐りにくくなります。砂糖をたっぷり入れたジャムが腐りにくいのも、この作用を生かした利用方法です。

砂糖の活用テク①根菜の煮物に早く味を染みこませる

根菜の煮物を作るときの下ゆでには、少しだけ砂糖を入れましょう。食材が柔らかくなり、味が染みこみやすくなりますよ。

砂糖の活用テク②干し椎茸を早く戻す

干し椎茸を水に浸して戻すときも砂糖をIN。均一に早く戻すことができます。

砂糖の活用テク③除湿剤代わり

砂糖は水を吸いやすい性質があるため、除湿剤代わりに使うこともできます。例えばチーズを密封袋に入れて保存する際に、一緒に角砂糖を入れると、除湿剤のように水を吸ってくれるのです。

し:塩

塩味、臭み取り、うまみ凝縮

塩味をつけるのが塩です。しょっぱさを加えることで、食材の甘みを引き立たせる対比効果もあります。スイカやトマトに塩を振ると甘く感じるのも、まさに対比効果のおかげです。

記事に関するお問い合わせ