無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キレイをキープ! 掃除をラクにする仕組みを作る/しない掃除

お掃除
汚れを落とすタイミングを見極める! 家の掃除を小・中・大に分けよう/しない掃除 https://www.lettuceclub.net/news/article/1076928/

毎日汚し、汚されていくわが家…。掃除ってストレスフルな家事ですよね。

掃除は生きていく上では避けられない、一生つきまとう家事。ずっとやるなら、無駄なく終わらせる方法を身につけてみませんか?

もともとは決して掃除好きと言えなかった著者・みなさんが「家事くらいささっと、でもきちんと終わらせたい」という小さな野心をかなえるべく、手間を省いた家事を研究してまとめたのが『手間かけない、時間かけない、頑張らない しない掃除』。特に掃除は指南書が少ないため、まず掃除を仕分けるところからやり方を構築して、手間をかけずに、スッキリしたわが家を守る方法を作り上げたといいます。

『手間かけない、時間かけない、頑張らない しない掃除』

時間をかける、手間をかける、苦しい掃除はもうしない! 掃除苦手さんでも試せるテクをご紹介します。

※本記事はみなの書籍『手間かけない、時間かけない、頑張らない しない掃除』から一部抜粋・編集しました

『手間かけない、時間かけない、頑張らない しない掃除』

掃除をラクにする仕組みを作る

浮かせる収納や取りやすい場所に掃除道具を置いておくなど、掃除がラクになる仕組みを作っておくことも大切です。たとえば、洗面所のスポンジは鏡の下などに浮かせておけば歯磨きや洗顔のついでにサッと掃除できますし、脱衣所に小さなゴミ箱を置いておけば、お風呂や洗面所の排水口のゴミがすぐに捨てられます。

仕組みを作る手間はかかるかもしれませんが、このようなちょっとした工夫によって「ついで掃除」がしやすくなり、掃除に対するハードルが大きく下がるはず。掃除に苦手意識がある人や、掃除に時間や手間をかけたくない人こそ、あらかじめ〝ついで掃除〞がしやすくなるような仕組み作りをしておくべきです。

汚れが頑固にならないようにこまめに掃除することももちろん大事ですが、予防をして掃除の頻度を下げるほうが絶対にラク! あとあとラクになるためのグッズにはお金をかけて、掃除の頻度を減らせる工夫をしてみましょう。

わが家はこうやってキレイをキープ!

油が飛び散らない便利アイテム

炒め物や揚げ物をするときは、油はねガードを置きます。コンロまわりの掃除がラクになり、折り畳めるから収納もスマート。

排気口カバーで油汚れをガード

コンロ奥の排気口にカバーを置いて、調理中の油はねを防いでいます。拭き掃除するだけですむので掃除がかなりラクに!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ