無料の会員登録をすると
お気に入りができます

点心と中国茶を楽しむ香港スタイル。 〈ウェスティンホテル東京〉の〈広東料理 龍天門〉でいただく飲茶アフタヌーンティー『下午茶』。

旅行・おでかけ

香港では「ご飯食べた?」という言葉が挨拶として飛び交うほど、食事を大切にする文化が根付いています。その香港の文化でもある飲茶のアフタヌーンティーが、〈ウェスティンホテル東京〉の〈広東料理 龍天門〉でリーズナブルにいただけると聞いて行ってきました!

野崎さおり / フリーライター

本場・香港さながらの、贅沢でお得な飲茶アフタヌーンティー。

香港料理の代名詞といえば点心ですが、中国茶を飲みながら点心を食べることを飲茶といいます。香港の人々は朝から点心を食べることもありますが、ランチタイムのピークを過ぎた時間帯なら、ゆったり味わえるだけでなく、値段が安くなるのだとか。それが『下午茶(ハーンチャ)』、午後のお茶、つまりアフタヌーンティーです。

この香港式アフタヌーンティー『下午茶』が、恵比寿にある〈ウェスティンホテル東京〉内の〈広東料理 龍天門〉で、平日13時30分から味わえます。値段も3,800円と、本場さながらのリーズナブルさ。デザートを含め約30種類ものメニューを、ブッフェスタイルで提供しています。

まずは、目にも美しい日替わりのアミューズをいただきます。この日は「ケールとりんごのすり流し」と「ヤーコンとミニトマトの酢漬け」。どれもやさしい甘さとさっぱりとした味わい。

飲茶のメニューは種類がたくさんあって、好きなものをいくつ頼んでもOKとのこと。なにから食べようか迷ってしまいます!
「海老蒸し餃子と、チャーシュー入り饅頭、それからシューマイがおいしければ、その店はいい店だと判断できますよ」と、香港通でもある〈広東料理 龍天門〉の和栗シェフのおすすめに従いました。

まずは「海老蒸し餃子」。中の海老がピンク色に透けるほど皮が薄い方がおいしいのだとか。エビはミンチ状ではなくプリプリの食感が残され、口の中でほろほろと崩れて甘味と弾力を感じます。

「イベリコ豚のチャーシュー入り蒸し饅頭」は、香港では“チャーシューパオ”と呼ばれる人気の点心。〈広東料理 龍天門〉自慢のイベリコ豚のチャーシューが、甘くてふわふわの皮に包まれています。花が咲くように開いている生地には、天然酵母が使われているそう。

クコの実がアクセントになった「ホタテと野菜の蒸し餃子」。薄くて透き通った皮の中には、旨味がたっぷり。

モチモチとした皮にゴマをまぶした「ニラ焼き饅頭」は、香ばしく焼き上げられ食欲をそそります。

珍しいアツアツ点心にトライできるワゴンサービス!

さて、メニューには詳しく書かれていないワゴン点心は珍しい種類が中心。湯気が上がるせいろを見て選んでもらおうという配慮なのだとか。テーブルの近くまで運んでもらえます。この日は、蓮の葉に包まれた「ちまき」「鶏の腐乳蒸し」といった珍しい種類が6種類並んでいました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ