無料の会員登録をすると
お気に入りができます

シンプルなヘアアレンジが垢抜ける♡ヘアピンのDIYアイデア6選

毎日忙しくしていると、ヘアアレンジに時間をかけられないことも多いのではないでしょうか?そこでおすすめなのが、ヘアピンのDIYです。自分好みのものを作っておけば、留めるだけでシンプルな三つ編みやハーフアップがグッと垢抜けますよ♡

2019年1月
DIY

ヘアピンでお洒落ヘアに♡

河村タカシ ヘアアレンジ hairarrange 大阪 on Instagram: “ヘアアレンジ & ヘアセット 河村タカシ お友達の1.5次会に参加されるためにお友達と一緒にご来店頂きました。  ヘアアレンジはご希望はなく、 お任せだったので、 ピンなしヘアゴムだけの #編みおろし  両サイドはツイストをプラス。  今日は少し肌寒いですが、…”
instagram.com

簡単アレンジで可愛いヘアにしたいときに役立つのが、留めるだけでお洒落に見えるヘアピンです。お手持ちの服に合ったものを作っておけば、統一感が出てコーデが垢抜けますよ。早速作り方をチェックしてみましょう。

①パール付きボタン

ピンとつなげるだけなので簡単!

creon-diy.jp

パールをたくさん貼りつけたように見えるこちらのヘアアクセは、ダイソーの「シルバーデコボタン」をヘアピンと合わせるだけで作れます。1本挿すと、後ろ姿がグッと華やかになりますよ。

creon-diy.jp

デコボタンは大きめなので、接着剤よりもテグスでピンと繋げるとグラグラせずしっかり固定できます。さらにテグスは結ばず潰し玉で固定するので、裏から見ても綺麗ですよ。

シルバーデコボタンの簡単ヘアピン

②くるみボタン

お好きな布でアレンジできる♡

creon-diy.jp

手作りのくるみボタンを合わせたピンは、普段使いにぴったりのデザインです。こちらでは花柄の布で可愛らしくしていますが、モノトーンやストライプ柄なら大人っぽいアクセになりますよ。

creon-diy.jp

くるみボタン作りは、100均にもある「くるみボタンキット」を使えば簡単です。できあがったボタンの裏にピンを接着剤で貼りつけたら、完全に乾くまで動かさないようにしましょう。このひと手間で長持ちします。

くるみボタンでかんたん親子ヘアピン

③ビーズとUピン

まとめ髪のアクセントに◎

creon-diy.jp

ビーズ付きのUピンはまとめ髪を固定するだけでなく、アクセントとしても使えます。全体をふんわりまとめて何本かをランダムに挿したヘアスタイルは、特別な日の服装にも合いそうですね。

creon-diy.jp

テグスにビーズを通してボール型のチャームを作り、Uピンに結び付けましょう。こちらでは合わせやすいアイボリーのビーズを使っていますが、キラキラしたもので作ると華やかさがアップします。

ほんのひと手間!ビーズボールでオリジナルUピン

④ちりめんとパール

和風アクセでイメチェン!

creon-diy.jp

いつもと違う雰囲気のヘアにしたいときは、ちりめんをリメイクしたヘアピンを使ってみてはいかがでしょう?浴衣だけでなくシンプルなニットとも相性が良いので、意外と冬にも重宝します。

creon-diy.jp

カットした100均のちりめんひもの両端をグシ縫いにして、中心を束ねます。こうすると、リボンのような形になりますよ。中心にパールを付けて、ピンに結び付ければできあがりです。

浴衣につけたい百均ちりめんひもでリメイクピン

⑤リボンとパール

ヘアアレンジに役立つ大きめピン!

creon-diy.jp

シンプルなハーフアップやシニヨンなどのアクセントとして役立つのが、大きめのコンコルドピンです。リボンとパールを足せば、100均のものでもグッと高見えしますよ。

creon-diy.jp

リボンを並縫いしてギュッと引っ張ると、ヘアアクセらしいお洒落な形になります。あとは途中にパールを通しながら、コンコルドピンに縫いつけてくださいね。

なみ縫いでOK!リボンで簡単コサージュ風ヘアピン

⑥レジン

creon-diy.jp

こちらのヘアピンを手作りするのは難しそうですが、実は月の形をした台座付きピンを少し加工しただけのもの。材料を揃えておけば、スキマ時間に作れますよ。

creon-diy.jp

台座の中にレジン液とラメを流し込み、UVライトまたは太陽光で硬化させれば完成です。デザインは可愛らしいけれど色合いはシックなので、大人の女性にも似合いそうですね。

プチプラ材料でお月様ヘアピン

お洒落アクセで後ろ姿美人に♡

DIYの魅力とは、自分の好みに合わせて作れること。例えば冬ならコートやマフラーに合うヘアピンを作っておくと、後ろ姿まで美人に見えますよ。是非作ってみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ