無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おいしいアテと広がる日本酒の世界。 あなたもきっとハマる、日本酒ペアリング!バライティー豊かな日本酒専門店。

グルメ

1.タイ料理と日本酒!?スパイシーなタイ料理とのマリアージュという新体験!〈ラコタ〉/吉祥寺

その意外すぎるマリアージュのきっかけは、店長の三浦剛さんがご近所の日本酒の店で出合った純米酒。「日本もタイも同じ米文化。これならタイ料理にも合う」と確信し、いまや日本酒の品ぞろえは常時30種。おすすめはどぶろくや、米の味がしっかりと楽しめる精米歩合の高い酒。味にインパクトがあるから、味が濃くスパイシーなタイ料理に驚くほどマッチする。女子にはどぶろくで作るカクテルも人気。

名物「鶏の炭火焼 ガイヤーン」(Sサイズ)450円には、岩手県の〈民宿とおの〉の「どぶろく・水もと仕込」グラス750円を。

乳酸菌が豊富などぶろくの酸味と甘味が、鶏の旨味を倍増させる。

生のハーブが鮮烈な「グリーンカレー」920円は、米の味がガツンとくる〈泉橋酒造〉の「恵 海老名耕地80%」1 合900円と。

熱燗で香りを開かせれば、カレーの力強さとさらにマッチ。

(Hanako1127号掲載/photo:Shin-ichi Yokoyama text:Chiho Ohsawa)

ラコタ
吉祥寺駅

ラコタ

2.おひとりでも◎体にスッと染みいるおいしさに、燗酒ファン急増中!〈ひねもす〉/三鷹

ご主人が料理を担当し、着物姿の女将がカウンターを仕切る。ひとりで訪れる女性客も珍しくない。ずらりと棚に並んだ一升瓶は約60種。やさしくふくよかな口当たりもあれば、ガツンとパンチがきいた味に仕上がるものも。飲まず嫌いな人が多いからこそ、ぬる燗、熱燗のおいしさを知ってほしいそう。

燗酒は1合900円~。半合で頼んでいろいろ飲み比べることもできる。女性におすすめは「五人娘 しぼったまんま」の燗。フレッシュな酸味がクセになるおいしさ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ