無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ハナコラボ日記/本山順子の東京さんぽ道 第16回 スペイン・バルセロナへ![後編]ガウディの師匠とピカソが愛した喫茶店。

旅行・おでかけ

カサ・ミラからバスで15分ほどのところにあるカタルーニャ音楽堂。外観は近代的な雰囲気。入り口は建築物を守るようにぐるりとガラスで覆われていました。

中に入るとすぐにカフェスペースがあり、見学ツアーを待ってる方や朝食をとっている方などたくさんの人で賑わっています。

モンタネールの建築といえば何と言ってもステンドグラスとモザイク画!可憐かつ美しくて乙女心をくすぐられます♪見学ツアーは20ユーロ。完全予約制なので事前に予約された方が確実かと思われます。

さて、いよいよ内部へ潜入です♪

ビデオ鑑賞の後に通されたのがこちら!お花のモザイク画が素敵(T_T)!!バルセロナの太陽がより一層美しく感じられます。そしていよいよホールへ!

天井一面の美しいステンドグラスに思わず息をのんでしまいます…!ですが、素晴らしいのは天井だけではないんです。

壁や窓の装飾に至るまで、この豪華さ!!コンサートホール自体はそんなに大きくはないものの、細かくも大胆な造形美にクラクラしてしまいます。

孔雀の羽のモチーフやバラの装飾、シャンデリアや柱の花々。どこを切り取っても絵になります…。

最後にホール全体が写る場所でパシャり。いつかこんな素敵なコンサートホールでオペラを聴いてみたいな~。あっという間にツアーが終わり、外からもじっくり眺めることに。

うーん!外観も思わず唸ってしまうほどの可愛らしさ。後ろ髪を引かれつつ次の場所へ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ