無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実は危険な冬の留守番! 愛犬の防寒対策のために知っておきたいこと

一般的に、犬は寒さに強いといわれていますが、生活環境や犬種、年齢などによっては寒さが苦手な犬も。寒さで体温が下がると、体調不良をおこすこともあるので注意しましょう。今回は、留守番中の防寒対策のために知っておきたいポイントを解説します。

ペット

一般的に、寒さに強いとされる犬。しかし、生活環境や犬種、年齢などによっては寒さが苦手な犬もたくさんいます。寒さで体温が下がると、体調不良をおこす危険性もあるので注意しましょう。

今回は、留守番中の防寒対策のために知っておきたいポイントや注意点について解説します。

寒さに注意したい犬について知っておこう!

dog.benesse.ne.jp

人とともに室内で暮らす飼い犬は、一定の温度のもとで生活しているため、寒さに弱くなることがあります。以下のような犬は、特に寒さに弱いとされているので、注意してあげましょう。

寒さに弱い犬

犬は寒さで体温が下がると、免疫力が低下して病気になることがあります。また、持病がある犬は病気が悪化してしまうおそれが……。さらに、寒さに慣れていない完全室内飼いの犬の場合は、寒さそのものがストレスとなって、肺炎などになってしまう危険性があるので、留守番中の寒さ対策は徹底してあげましょう。

犬にとって快適な冬場の室温を知っておこう!

dog.benesse.ne.jp

愛犬にとって快適な留守番環境を作るためには、エアコンで室内温度を整えてあげることが大切です。本来は寒さに強い動物ですから、あまり高い温度に設定すると、かえって暑すぎになってしまうことも。

エアコンの温度は、暖房モードで26℃前後くらいがおすすめです。また、エアコンを使用すると、空気が乾燥しやすくなるので、加湿器などを使って湿度が50~60%程度になるように工夫してください。

留守番時の寒さ対策の注意点を知っておこう!

dog.benesse.ne.jp

基本的に、留守番中はエアコンで室温を調整して防寒対策をとるのがよい方法ですが、故障など、事情によってはエアコンが使えないこともあるでしょう。

そんなときは、以下のような点に注意し、防寒対策をしてください。

コードが必要な防寒グッズは使わない

犬用カーペットなどのコードが必要な防寒グッズは、かじるなどして事故につながることがあるので、留守番中は片づけておきましょう。床暖房ならコードレスなので問題ありませんが、暑くなったときのために、すのこを置いておくと安心です。

ハウスは窓から離れた場所に置く

窓から入る冷たい隙間風や冷気は、ハウスを冷やす原因となります。ハウスは冷気の影響を受けないように、窓から離れたところに置くようにしましょう。また、ハウスの中には、ドーム型のベッドや毛布を入れておくのも◎

留守番中の愛犬の寒さ対策をしっかりおこない、寒い冬を安全に乗り越えましょう!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ