無料の会員登録をすると
お気に入りができます

厚塗りナシでキレイ見え!最新『薄づき肌』を人気ヘアメイクが伝授

メイク

5 パウダー

「少量を毛足の長いパフで使うとムラ知らず」
左・NARS ライトリフレクティングセッティングパウダー ルース N 02383 11g ¥5,500(NARS JAPAN)、右・資生堂 パウダーパフ(ソフトタッチ) 124 ¥660(資生堂)

顔周りは押さえるように、内側は滑らせるようにのせて。顔が端正に引き締まり、マスク崩れも防げます。

❝なりたい自分はファンデで作れる!
初めましての多い春は、
信頼感を肌で語りましょう❞

「おうち時間が増えたことで、〝日焼け止めだけ〟〝下地だけ〟など、肌作りを簡略化している人も多いと思います。ただ、人の印象を決めるのは「肌」です。普段も仕事の日でも人に会うときに、〝きちんと気を遣っています〟と肌で伝えられることって実は大きい。それが清潔感や信頼感へと繫がります。朝でも夕方でも、どんな場所でも、誰が見てもキレイに見える安定感のある肌が理想。そのためには、お悩みはポイントでケアしてからファンデーションを塗ったり、パウダーののせ方を変えるなど、ある程度のテクニックが必要。一見工程やアイテムが多いように感じるかもしれませんが、その日の肌調子で手間も変わりますし、無駄のないミニマムなプロセスです。メイク崩れも軽減されるので、結果的に時短にもなりますよ。

また、ファンデーションはあくまでもなりたい肌質を纏えるもの。首から上だけの話ではなく、今日はツヤ肌、今日はマット肌……、とその日の予定や服に合わせて、ファッション感覚で選ぶものだと思ってください。特に新作は仕上がりの美しさだけでなく、美容効果の高いものや使い心地にこだわったものも多い傾向です。あれこれ試しながら改めて肌作りと向き合ってみてくださいね」(AYAさん)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ