無料の会員登録をすると
お気に入りができます

GWに観たい!おすすめ映画情報

エンタメ

今年のGW映画は、定番のシリーズものから子供向け、大人の恋愛ドラマまで多彩な作品が揃った。映画館はコロナ対策も万全だ。どこへ行くか決まっていない人、近場で楽しみたい人は、映画三昧のGWを過ごしてみてはいかが。

『劇場版ラジエーションハウス』

4月29日公開
原作・横幕智裕、漫画・モリタイシの同名コミックを実写化したテレビドラマの劇場版。甘春総合病院の放射線技師・五十嵐唯織(窪田正孝)は、大好きな甘春杏(本田翼)がワシントンの医大へ留学することになり落ち込んでいた。同僚たちが唯織を元気づけようとする中、離島で小さな診療所を営む杏の父が危篤との連絡が入る。

公式サイトはこちら https://radiationhouse-movie.jp/

大人の恋愛を見てみよう

『マリー・ミー』

(C)2021 Universal Pictures

4月22日公開
有名歌手のキャット(ジェニファー・ロペス)は、バスティアン(マルーマ)との公開結婚式の直前、彼の浮気が発覚。失意の中、彼女は客席にいた見ず知らずの数学教師チャーリー(オーウェン・ウィルソン)を指名し、突然プロポーズをする。2人は互いを知るところから結婚生活を始めるが…。ロペスが製作も兼任した大人の恋愛劇。

公式サイトはこちら https://www.universalpictures.jp/micro/marry-me

『ツユクサ』

4月29日公開
小さな港町で暮らす五十嵐芙美(小林聡美)は、一見、楽しい毎日を送っているように見えるが、実は彼女が一人で暮らしているのには、悲しい理由があった。ある日、彼女は町に引っ越してきた謎の男・篠田吾郎(松重豊)と運命的な出会いをする。過去を抱えながらも今日を明るく生きる女性に訪れた小さな奇跡をほのぼのと描く。

公式サイトはこちら https://tsuyukusa-movie.jp/

筆者:田中 雄二
映画を見続けて約半世紀。気が付けば“映画を書くこと”が仕事になっていた映画通オヤジ。最近は年のせいか、出来の悪い映画を見ても許してしまう寛容さが身に付いてきた。説教するのもされるのも大嫌いだが、「よく知ってますね~」などとおだてられると、ついいい気になってとめどなく映画について語ってしまうのが悪い癖。
ブログ:田中雄二の「映画の王様」

田中雄二の「映画の王様」

当サイト内のおでかけ情報に関して
※本記事は2022年04月04日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ