無料の会員登録をすると
お気に入りができます

江口のりこ、番宣番組“塩対応”の理由が判明!本音を引き出したのはあの人

エンタメ

4月期、女優・今田美桜が初主演を飾るドラマ「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」(日本テレビ系)に出演する女優・江口のりこ。番宣番組での“塩対応”の理由が明かされ、大きな反響を呼んでいる。

「悪女」では、ヒロイン・麻理鈴(今田)の先輩社員・峯岸雪役を演じる江口。麻理鈴に「あなた、出世しない?」と暗示をかけてその気にさせる一癖も二癖もある役柄だ。出演するドラマの番宣番組での塩対応ぶりは、つとに有名である。

「名バイプレーヤーと言われる江口が、昨年10月期にドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系)でプライム帯初主演。その際、番宣のために生番組『めざましテレビ』『めざまし8』『ノンストップ』に出演。番宣にも関わらず態度がぶっきらぼうで、女子アナを無視することもしばしば。この態度にSNSでは批判の声が殺到しました。さらに2020年、ドラマ『#リモラブ~普通の恋は邪道~』に出演。生番組『スッキリ』(ともに日本テレビ系)で、あまりのやる気のなさに『江口さん、これだけは言っておきます。もう二度と番宣来ないで!』とMCの加藤浩次からツッコまれるひと幕もありました」(女性誌記者)

そんな中、「悪女」に出演するにあたって、江口は「マツコさんとならお話ししてみたい」と「マツコ会議」(日本テレビ系)に出演。マツコから「バラエティ番組にケンカ売ってるみたいに出ている感じがすごく好きなの。どういう心境でお出になられてるの?」と聞かれ、江口は「私は悪くないっていう気持ちで出てます。私のせいじゃないって」とコメント。これには「おっしゃる通り」とマツコも同調している。

「さらにマツコから番宣について『そんなにあれ効果ないからな』と振られると『そうなんですよ! ホントに番宣で何の効果もないと思う』とバッサリ。本音を赤裸々に語る江口節には、『最高にスッキリした』『意見核心ついてる』『江口のりことマツコの組み合わせ最高じゃんか!』といったコメントがSNSには寄せられています」(芸能ライター)

いずれは2人のトーク番組を見てみたいものだ。

(窪田史朗)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ