無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ぶりっ子じゃない土屋太鳳がいい!「やんごとなき一族」の意外評価

エンタメ

初回視聴率は7.3%と微妙な結果となった土屋太鳳主演ドラマ「やんごとなき一族」(フジテレビ系)。しかしネット上では、スマホで実況しながら視聴するのが楽しいドラマとして「これから視聴率が上がりそう」と指摘されているようだ。その最大の理由は「ぶりっ子ではない土屋太鳳の演技がいい」ということ。

「ネット上では『やっと土屋太鳳の所属事務所が正しい売り方を理解したようだ』『佐都の負けん気の強い感じめっちゃ似合ってる』『これまで土屋太鳳が演じてきた甘ったるいキャラより、今回の戦う強気キャラのほうがいいじゃん!』『これからはこの路線のキャラを演じたほうがいいよ。土屋のきれいな顔立ちが活きると思う』など、400年以上続く資産家の名家に嫁いだ下町生まれの佐都を演じる土屋に、称賛の声があがっているんです。

土屋はこれまで、守ってもらうかわいいキャラを演じることがほとんどで、ペタペタと甘ったるい話し方が特徴でした。ところが『やんごとなき一族』での土屋は、これまでの話し方とは180度違う、簡潔で力強いかっこいい話し方をする佐都として、上流階級の人々にひるまず戦っているんです。松本若菜演じる裏の顔と表の顔を使い分ける義理の姉・美保子からの執拗ないじめにもめげず、果敢に立ち向かう佐都は、確かに見ていてスカッとしますから、今後が楽しみです」(女性誌記者)

この春、かっこいい土屋が大暴れしてくれそうだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ