無料の会員登録をすると
お気に入りができます

舘ひろしの存在感が山田涼介を圧倒!「鋼の錬金術師」名演ウラに渡哲也の教え

エンタメ

俳優の舘ひろしが4月21日、映画「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成」の製作報告イベントに登壇。“全くストーリーを理解せぬまま撮影を終えていた”という衝撃告白をした。

同映画は17年に公開されたHey! Say! JUMP山田涼介主演の映画「鋼の錬金術師」の続編であり完結編。2部作に分けられ5月20日と6月24日に連続公開される。舘は左目に眼帯を着けたアメストリス大統領キング・ブラッドレイを熱演している。

イベント冒頭で舘は「台本を読みましたけれど、五里霧中。というか、全くストーリーが理解できないまま撮影に入り、そのまま終わりました」と衝撃発言。さらにイベント開始前に、共演の山本耕史と内野聖陽に質問して初めて理解できた設定もあったといい、「左目の眼帯が取れて『左目が、まだ生きているぞ』と言うんですけど『どうして生きている目なのに眼帯を着けるの?』と聞いたら『自分がホムンクルス(人造人間)なのを隠していたんだ』って(教えられた)。あっ、そう‥‥と。今日初めて知ることができた」と明かした。

舘もさすがに演じている最中は不安に感じていたようで、「よく最後まで出来たと思った。監督のご指示通り、やっていた感じです」と曽利文彦監督のおかげと振り返った。

ネット上では《そら、わからんわ。この年代にはな》《漫画が原作だと世界観が非現実的すぎて舘さんが理解するのしんどいと思う》など理解を示す声もあったほか、予告編を見た人からは、《理解出来てなくても意味のあるようにセリフを言えるんだから凄いなー》《それでもかっこいいw》《舘さんがいちばんキャラクターと似てる》など絶賛の声も相次いだ。

「舘は以前、インタビューで若手時代に先輩の故・渡哲也さんから痛烈なダメ出しをされたことを告白しています。それは『お前、最近、芝居がうまくなってきたな』というもの。舘はそれを聞いて、俳優は存在感で画面を支えないといけないのに、その人物の人生を丸ごと演じるのではなく、細かいところだけを演じる小芝居をしていると受け取ったそう。それで俳優であることと、芝居がうまいこととは全く別だと理解するようになったとか。

同イベントで曽利監督は、舘の演技について『メチャクチャ格好よく、我々も見ほれていました』と存在感を大絶賛。主演の山田も『お芝居で敬礼するんですけど、お芝居じゃなくても出来るというか、自然とそうなるオーラを持って、その場にいてくださった。お芝居いらないな‥‥自然な気持ちで出来た』と同様に存在感に圧倒されたことを告白しています」(週刊誌記者)

渡さんの教えは今も舘の中にしっかりと根付いているようだ。

(柏原廉)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ