無料の会員登録をすると
お気に入りができます

国宝の“亥アート”を求めて博物館に初もうで。上野の東京国立博物館で開催する「博物館に初もうで」で勢いのある1年に

旅行・おでかけ

仕事もなくゆっくり過ごせるお正月。アートに触れながらゆったり過ごすのもステキ。東京・上野にある東京国立博物館では、2019年1月2日(水)から27日(日)までお正月企画「博物館に初もうで」が開催される。

新年の干支である「亥(いのしし」をモチーフにした作品をはじめ、国宝など選りすぐりの名品が展示されるそう。新年早々、アートに触れて感性を磨いてみては?

画像左から、国宝 松林図屛風(左隻)、国宝 松林図屛風(右隻) 長谷川等伯筆 安土桃山時代・16 世紀 東京国立博物館蔵 2019年1月2日(水)~14日(月・祝)、本館2室(国宝室)にて展示

お正月らしい名品揃い。「松林図屛風」2年ぶりに本館で展示!

今年で16年目を迎える、東京国立博物館のお正月の恒例企画「博物館に初もうで」。いけばななどで特別に飾り付けられた館内で、お正月にふさわしい作品をたくさんみられるチャンス。

東京国立博物館のお正月の定番となった国宝「松林図屛風」が2年ぶりに本館で公開されるほか、新年の干支「亥」をテーマにした作品や、新春らしい名品をラインナップ。また、1月2日(水)・3日(木)の2日間はカレンダー付きのワークシートがもらえたり、躍動感あふれる和太鼓や獅子舞など伝統芸能の催しもあり、日本のお正月を一挙に楽しめる。

重要文化財 埴輪 猪 群馬県伊勢崎市大字境上武士字天神山出土 古墳時代・6世紀 東京国立博物館蔵 2019年1月2日(火)~1月27日(日)、本館特別1室にて展示

新年の干支、“亥”を題材とした作品が集結

目玉は、本館特別1室・特別2室で催される特別展「博物館に初もうで イノシシ 勢いのある年に」 。

イノシシは、日本全国に生息しており、古来、狩猟の対象となる身近な動物だったそう。食用として人の生に密着していたり多産なことから、豊穣を象徴する存在であり、前に突き進む猛烈な勢いが信奉されたこともあったとか。

そんな「イノシシ」にあやかり、本年が勢いのある1年になるよう「イノシシ」を題材にした作品を展示。全速力で疾駆する猪が描かれた江戸時代の岸連山筆「猪図」や、ほのぼのとした姿がかわいい重要文化財にもなってる「埴輪 猪」など名品を観覧できる。

重要文化財 埴輪 猪 群馬県伊勢崎市大字境上武士字天神山出土 古墳時代・6世紀 東京国立博物館蔵 2019年1月2日(火)~1月27日(日)、本館特別1室にて展示

稀少な国宝や重要文化財もおめみえ

東京国立博物館のお正月の定番となった同館所蔵の国宝「松林図屏風」が2年ぶりに本館で公開。墨の濃淡だけで、木々が織りなす光と風の情景が生みだされた閑静な作品が心を落ち着かせてくれる。

ほかにも現在最古の「古今和歌集」の完本「古今和歌集(元永本)下帖」や、葛飾北斎の名所浮世絵揃物「冨嶽三十六景・凱風快晴」なども。

獅子舞(過去の実施例)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ