無料の会員登録をすると
お気に入りができます

連休明けはだるい…たった10秒でやる気を出す方法7選

お正月休みが明けて、いよいよ仕事が始まった人も多いでしょう。しかし、長い連休後はなかなか気持ちが乗りませんよね。そんなときに、たった10秒でやる気を出すことができる方法をご紹介します。

2019年1月
ライフスタイル

連休明けってだるい…

10秒でやる気スイッチON!

お正月も明けて、いよいよ仕事も始まりましたね。ただし、長い連休の後は仕事のペースを取り戻すのに苦労します。なかなかモチベーションが上がらないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

やる気を出すのに長い時間は必要ありません。そこで今回は、たった10秒でやる気を出す方法をご紹介します。

この場で今すぐできる!簡単テク

①ゆっくり味わいながら水を飲む

10秒かけて水をゆっくりと味わいながら飲みましょう。やる気が出ないときは、身体の中の気も滞っています。水を飲んで身体の巡りを良くすれば、気の流れを整えて、気持ちもリフレッシュできそう。

ゆっくりと飲むことで体に水分がしっかりと染み渡ります。水分不足では身体が万全な状態だとはいえません。喉の渇きを感じているのであれば、ゆっくりと水を飲んでみてください。

②10分後の目標+ご褒美を設定

理想や目標があったとしても、ずっと先のことだと、正直実感が湧きません。達成するまで時間がかかり、気持ちが折れることもあります。そこで「やる気が出ないな」と集中力が切れたときには、10分後の目標を書き出しましょう。

例えば、「今やってる作業を終わらせる」とか「メール対応を10件済ませる」など。10分と明確に時間を定めれば具体的な目標が出てくるはずです。そして達成できたときのご褒美も用意しましょう。コンビニの新作スイーツを買ったり、好きな音楽を聴いたりすると◎。

10分間ぐっと集中して達成感を味った暁には、かなりモチベーションが高まっているはずです。また集中力が途切れたときも、同じように10分後の目標を書き出して…と繰り返すことで、再びやる気を高められます。

体を動かしてリフレッシュ

③ふくらはぎの筋肉を伸ばす

やる気があると気持ちだけでなく、体も前のめりになります。逆にやる気のないときは、一歩を踏み出すのさえ面倒なので、身体が縮こまっているでしょう。

記事に関するお問い合わせ