無料の会員登録をすると
お気に入りができます

40kgやせたダイエットアドバイザーが教える「お腹やせ宅トレ」

89.9㎏の体重をわずか1年半で40㎏減らした、ダイエットインスタグラマー、Marty(マーティー)さん。以前は見事なぽっこりお腹でしたが、今はくびれがバッチリある美ボディです。Martyさんのビジネスパートナーでもある、パーソナルトレーナーの柴田勇気さんに、お腹やせに効果的なドローインを取り入れたエクササイズを教えていただきました。

Marty

美容

運動と一緒に適度な食事制限を!

「以前のボトムは3L! ウエストは93cmまで履けるものを着用していました。今はウエスト60㎝で、Mサイズも余裕です」

そんなMartyさんによれば、「お腹やせには、運動と一緒に食事面を改善する必要です。特に炭水化物のとり過ぎには要注意。また、お尻よりお腹がぽっこりしている人は、内臓脂肪がつきやすい『リンゴ型』体形の可能性が。このタイプの人は、基礎代謝が低い傾向にあるので、筋肉を鍛えることが大切です」とのこと。

そこで、Martyさんのビジネスパートナーでもある、パーソナルトレーナーの柴田勇気さんに、家でもできるお腹やせエクササイズを教えていただきました!

下腹についた脂肪を落とすには、ドローインが効果的!

ところで、ぜい肉は、お腹のどこにつきやすいの?
「お腹のどこに脂肪がつきやすいかといえば、それには個人差があります。例えば食べ過ぎてしまう人は、おへその上につきやすく、姿勢が悪い人や筋肉がなく内臓が下がってきた人は下腹やわき腹にぜい肉がつきやすい傾向にあります。また、骨格も関係していて、骨盤が比較的がっちりした人は骨盤とウエストの差でくびれて見えますが、逆に骨盤が小さい人だと、ウエスト周りのぜい肉を相当落とさないとくびれて見えません。いずれにしろ、お腹周りのぜい肉を落とす意味からも、食べ過ぎや食事内容に気をつけながら、お腹の奥のインナーマッスルに効かせる『ドローイン』を取り入れたエクササイズを取り入れていきましょう」(柴田さん)

ドローインのやり方は『-40kg!ダイエットアドザイバーが教える「お腹やせドローイン」』を参考に。

寝たままで下腹撃退! 脚しゃくとり虫<難易度☆>

(1)仰向けでドローインをし、お腹をへこませます。腰が床から浮かないように注意して。

(2)ドローインの状態をキープしたまま、ゆっくりとひざを曲げ、かかとをお尻のほうに近づけたら、ゆっくり(1)の姿勢に戻ります。10回×3セット。インナーマッスルと同時に下腹を刺激して、お腹のぽっこりを解消します。

下腹に効く! 太もも引き寄せ<難易度☆☆>

(1)仰向けでドローインをし、お腹をへこませます。両脚を持ち上げ、ひざを90度曲げて、すねと床が平行になるようにします。腰が床から浮かないように注意して。

(2)ドローインをしたまま、太ももを胸のほうに引きつけます。そのあと、ゆっくり(1)の姿勢に戻ります。10回×3セット。下腹の筋肉を刺激して、お腹のぽっこりを解消します。

イスを使って、下腹ぜい肉にアタック!<難易度☆☆>

(1)両脚を揃えてイスに座り、手をお尻あたりの座面に置き、ドローイン。

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む