無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ちょっと変えるだけ♡キレイになれる「なにぬねの」美習慣

キレイになるためには、「何もかも変えなければ!」と思っている人はいませんか?実は、そんなに大きな変化は必要ありません。キレイになるためには、「なにぬねの」の美習慣でちょっと変えるだけで良いのです。

2019年1月
美容

キレイになるには何をしたらいい?

「なにぬねの」美習慣を始めましょう♡

キレイになるためには、ありとあらゆることを変えなければならない、と思ってはいませんか?運動習慣や食習慣、化粧品、毎日の過ごし方…など。実はそんな大きな変化は必要ありません。

キレイになるためには「なにぬねの」の美習慣を心がければ良いだけです。そこで、ちょっとだけ変えるだけで美しくなれる、「なにぬねの」美習慣をご紹介します。

な:長すぎないお風呂

長すぎるお風呂は乾燥肌に

お風呂は血行が促進され、美肌やダイエットにも良い美習慣です。リラックスして自律神経が整うことで、肌荒れやくすみ改善も期待できます。ただし、皮膚がふやけるほど長時間入ってしまうと、乾燥肌になってしまうので気をつけて。

美肌のためには、トータルで15分以内を目安に湯船に浸かりましょう。また体を洗うときも、タオルでごしごし洗うのではなく、泡立てたボディソープを使い、手で優しく洗うのが肌に良い方法です。

に:2回化粧水

1回たっぷりよりも、2回重ねることで保湿力UP!

乾燥する季節は、化粧水をたっぷりと使いたくなりますよね。しかし、一度に肌が保てる水分量には限度があり、たくさん化粧水をつけたところで蒸発してしまうだけです。

そこで2回に分けて化粧水をつけましょう。化粧水を塗ってから、数分置いて、もう一度重ねることでしっかりと保湿できます。化粧水を2回重ねづけするときには、手を使うのがおすすめ。細かいところまで塗りやすく、手の体温で化粧水がなじみやすくなります。

まず化粧水を手に取り、顔の内側から外側に向かって顔全体につけましょう。ハンドプレスをするように、じっくりと手を置くのもポイント。数分経って化粧水が肌に馴染んだら、また化粧水を重ねましょう。それでも乾燥が気になる場合は、少量の化粧水を手で温めてから重ねると◎。

ぬ:ぬるめ

洗顔もお風呂も“ぬるめ”が◎

美容で使う水は、全てぬるめと覚えておきましょう。洗顔で熱いお湯を使うと、皮脂が取れすぎて乾燥肌になってしまいます。体温よりも低い32~33度の「冷たくない水」くらいの、ぬるめの水で洗顔するのがベストです。

お風呂も38~40度のぬるめのお湯に15分ほど浸かるのがベター。熱いお湯に浸かると体の表面が温まるだけです。ぬるめのお湯に入った方が、ゆっくりと体温が上昇し、湯冷めしにくいメリットもあります。

また、ぬるめのお湯は副交感神経を優位にしてくれるので、リラックス効果が期待できます。ストレス解消や安眠にもぬるめのお湯が役立つのです。

ね:猫背を伸ばす

猫背がこんなにも悪影響だったなんて!

気がつくと背中が丸まった猫背になっていませんか?楽な姿勢なので、つい猫背になってしまう人もいるでしょう。猫背だと腹筋が緩むため、お腹がぽっこりと出てしまいますし、顔にも力が入らず、たるんだ老け顔にもなってしまいます。

今はスマホを覗くことによる“スマホ首”も多いです。丸まったシルエットは老けて見え、首のシワができやすくもなります。他にも体調不良になったり、呼吸が浅くなったりと、デメリットだらけなのです。

下腹に力を入れて、他はリラックス

普段から猫背を伸ばす意識を持つだけでも、美しく健康になれます。気をつけたいのは力を入れる部位。普段の姿勢で腕や肩に力が入ってしまうと、前屈みの猫背になってしまいます。

ヨガ ピラティス パーソナルトレーナー 西口のぞみ🏄‍♀️ on Instagram: “♡疲れやすい人♡#1分ヨガ解説  デスクワークや勉強してると疲れやすい人は、 ペンを強く握ったり筆圧が強かったりすることが😂 というか私がそうだった💦 - 集中すると机と目が近かったり眉間にシワがよったり💦 そんな人も疲れやすいよーー 心当たりがある人、気にしてみてね😋💕…”
instagram.com

代わりに下腹に力を入れて、他はリラックスすると、自然と背筋がすらりと伸びるのがわかるはず。こちらのインスタのリンク先では、力が入りやすい肩周りをほぐすポーズも紹介されているので、ぜひチェックしてみてください。

「肩甲骨ほぐし」で背中を柔らかく

猫背は首・肩・背中が固まっていることも原因です。そこで、肩甲骨をほぐして首・肩・背中を柔軟にしましょう。

instagram.com

①両腕を上に伸ばし、片ひじを曲げて、反対の手で押す。
②両手を組んで上に伸ばし、肩甲骨を意識して、左右に揺らす。
③両手を後ろで組んで、肩甲骨を寄せ、上下に揺らす。
④両手を後ろで上下で組み、引っ張り合う。
⑤肩を回して肩甲骨をほぐしたら完了です。

の:ノンストレス

ストレスは美容の大敵

美しくなるためには体だけでなく、「心」に気を配ることも大切です。精神的なストレスを感じると、ニキビや吹き出物ができやすくなったり、くすみがちになったりと、肌にも悪影響が出ることがわかっています。

美容のためにも、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。また、ストレス解消できるような美容法を実践するのもありです。たくさん走って気持ちをリフレッシュしたり、心地よい香りの入浴剤を使ったり、寝る前にアロマキャンドルを焚いたり。体をケアするように、心もしっかりとケアをすることで、心身共に美しくなれますよ。

嫌なことが気にならなくなる♡ストレスを吹き飛ばす9つの方法

生きていれば嫌なことのひとつやふたつありますよね。それがたまりにたまって、ストレスになってしまうこともあるでしょう。そのストレスを解消できれば、人生を充実させられるはずです。新生活シーズンに、自分をケアする方法を知っておきましょう。
2347

「なにぬねの」でもっとキレイになれる♡

「なにぬねの」の美習慣は、どれもちょっと変えるだけで、キレイになれることばかりです。今まで見落としていたことに気づき、「なにぬねの」美習慣を取り入れることで、今よりもっと美しくなりましょう。

記事に関するお問い合わせ