無料の会員登録をすると
お気に入りができます

心をデトックス!辛い失恋の時こそ観て欲しい「泣ける恋愛映画」特集

何も手につかなくなるほどの失恋を味わった時。思わずふさぎ込んでしまいたくなりますよね。そんなつらい気持ちに一番効くのは「泣くこと」。思いっきり泣いてデトックスすれば、心が少し晴れて落ち着いて向き合うことができるはず。

2019年1月
カルチャー

失恋への薬は「泣くこと」

大きな恋愛の終わりやつらい別れを経験した時、何も手につかないくらい落ち込みますよね。そんな時、無理に気持ちを押し殺すのはNG。

心の赴くままに思いっきり泣くことが大切です。今回は失恋を経験した時、ふさぎ込む感情をそっと引き出してくれるような「泣ける映画」をご紹介します。

➀『ワン・デイ 23年のラブストーリー』

『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイが、真面目で聡明な主人公エマを演じ話題となったラブストーリー。恋多き親友デクスターとエマの23年間を、7月15日という1日を通して見つめた物語。

『ワン・デイ 23年のラブストーリー』の公式サイトはこちら

そばにいる人を大切にすること、大事な人に思いを伝えられることの喜びを教えてくれる作品です。

ワン・デイ 23年のラブストーリー [DVD]

KADOKAWA / 角川書店

¥ 1,620

しっかり者で真面目な女の子エマと奔放なプレイボーイ、デクスター。2人は親友となるが、エマはデクスターへの想いを秘めていた。別々の道を進んでいく2人だが、お互いへの想いを抱えたまま7月15日を過ごしていく。

商品詳細
ワン・デイ 23年のラブストーリー [DVD]
www.amazon.co.jp
商品詳細

➁『君の名前で僕を呼んで』

1970年代の北イタリアを舞台に17歳と24歳の2人の青年の恋を丁寧に描いた物語。劇中の映像や音楽も美しくアーティスティックにも楽しめる作品です。

『君の名前で僕を呼んで』の公式サイトはこちら

人を愛することの喜びや切なさ、尊さだけでなく、愛することに性別は関係ないということを実感させてくれます。主人公エリオの父の言葉とラストシーンは、失った恋と向き合うための背中を押してくれるはず。

君の名前で僕を呼んで [DVD]

Happinet

¥ 3,051

1970年代、北イタリアの避暑地で過ごす17歳の主人公エリオ。彼は教授である父の助手として、オリヴァーという24歳の青年と出会う。ひと夏をともに過ごすうちに、2人は互いに対し特別な感情を抱くようになる。

商品詳細
君の名前で僕を呼んで [DVD]
www.amazon.co.jp
商品詳細

③『あと1センチの恋』

幼なじみであるロージーとアレックスという2人の、近いようで遠いもどかしい恋を描いた作品。今の関係を失いたくないからこそ伝えられない思いにきっと共感できるはず。

『あと1センチの恋』の公式サイトはこちら
記事に関するお問い合わせ