無料の会員登録をすると
お気に入りができます

つらい冷え性を改善したい!漢方と毎日の習慣でケアする「温活」

ライフスタイル

本格的な寒さがやってくる季節、気になるのは手足をはじめとする、からだの“冷え”ではないでしょうか。

外出時にはムートンブーツを履いたり、靴下を重ね履きしたりしてみても、足先が冷たいままだったり、布団に入っても体が冷えて眠れない、などの症状があったら要注意。冷え性はただ体が冷たいと感じるだけでなく、疲れやすくなったり肩こりがひどくなったり、他のトラブルとしてあらわれることがあるのです。

今回は、漢方専門店の薬日本堂が、日本橋髙島屋S.C.新館1階へ新たにオープンさせた「カガエ カンポウ ブティック」で、冷え性改善のアドバイスを聞きました。

冷え性は万病のもと!

漢方では、そのまま放置しておくと病気になる可能性がある、病名がつく前の不調を「未病」と呼んでおり、冷え性もそのひとつ。

「冷え性は、手足が冷たい、下痢をしやすい、しもやけやあかぎれができやすい、などの自覚症状があるものから、疲れやすい、イライラする、食欲がない、肩が凝るなどの、一見“冷え”とは関係がなさそうに見えるものまで、さまざまな症状としてあらわれる可能性がありますから、自分が冷え性だからと体の冷たさや寒さを我慢することはよくないのです」(カガエ カンポウ ブティック・薬剤師 上之原静佳さん、以下同)

なぜ、冷え性になるのか?

では、なぜ冷え性になってしまうのでしょうか。「原因となるものはさまざまあります。たとえば夏の間に冷たいものを食べすぎたり、冷房で体を冷やしすぎたりしていると、秋冬になったとき体に響くと言われています。また、体は気・血・水で作られているという漢方独自の考え方があり、なかでも血液は寝ている間に体をめぐって修復するとされています。睡眠時間が不足すると、めぐるべき血液も少なくなり、末端にまで届かず冷えの原因となります。冷え性には大きくわけて2つのタイプがあります」

1.温める力が弱まっているタイプ

普段から寒がりで、お腹や足腰の冷えが見られ、体に余分な水分がたまってむくみを感じたりする冷え性の方は、温める力が足りないと考えられます。

「加齢や虚弱体質、慢性的な病気がある方や、無理なダイエットをした方、夏野菜や果物などの冷える食べ物をよく摂取してしまう方に起こりやすくなります。このタイプの方は、エネルギーを生み出す食材を豊富に摂り、冷たいものの摂りすぎに注意しましょう」

2. めぐりが悪く血液が末端まで行き届かないタイプ

自律神経のバランスが崩れていたり、手足の先が冷たくなったりしている冷え性の方は、血液を末端までめぐらせる力が足りないと考えられます。

「運動不足や睡眠不足、イライラしたり気持ちがふさいだり、ストレス過多になると起こりやすく、月経トラブルなどの症状を伴うのが特徴です。このタイプの方は、運動をして代謝をあげ、めぐりをよくすることが大切です」

冷え性改善のポイントは、内側からも外側からも温めること

どちらのタイプの冷え性の方にも共通している改善策は、温かい衣服や入浴などで物理的に体を温めることと、温かいお茶や体を温める食材を使って内側から温めることです。「外側から体を温めるポイントは、首、手首、足首、お腹などのくびれている部分を冷やさないことです。ネックウォーマーや足首を隠す靴下などを使って温めましょう」

積極的に摂取したい、体を温める食材とは?

内側から体を温める方法は、まず温かいものを摂ること。お茶やスープなどの汁物は積極的に摂りましょう。「アルコールは血流がよくなるので適量ならばよいのですが、冷たいビールではなくホットワインやお湯割りなど、温かいものがおすすめ。また、体を冷やすと言われている食材は、温める食材と一緒に食べるといいでしょう」

【内側から温める食材と、効果的な摂り方】 ・羊、鶏、にんにく、シナモンは体を温めてくれる ・日本の伝統食(和食)が最もおすすめのメニュー ・フルーツはほとんどが体を冷やすが、ライチと桃は体を温める ・お刺身は体を冷やすが、わさびやしその葉などの薬味と一緒に摂ることでバランスが整う ・大根、豆腐やトマト、ナスは体を冷やすので、温かいスープにすると体を温める ・葛粉は体を冷やすので、シナモンを入れて葛湯にする

漢方薬を取り入れて体調改善をはかろう

漢方薬とは、自然界に存在する植物、鉱物、動物から成る薬のことで、医療用医薬品や一般用医薬品として販売されています。漢方薬は、一人ひとりの体質や体調に合わせて選ぶものです。「カガエ カンポウ ブティックでは、初回に1時間~1時間半の時間をかけて、症状などをお聞きするカウンセリングして、漢方薬を選びます。食事や運動、休養などのアドバイスもしながら、薬を使わなくても健康でいられる体づくりを目指しています。漢方薬をサプリメントなどと同じようにとらえてしまう方もいらっしゃいますが、あくまでも薬なので、ご家族で共有せずにお飲みください」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ