無料の会員登録をすると
お気に入りができます

春の体臭は夏の2倍!? さわやかな好印象をキープする正しい体臭ケア

美容

春の体臭は夏の2倍って本当?

春の体臭はどうして強いのでしょう。

秋から冬は汗をかく機会が少なく、汗腺の機能が低下します。汗腺機能が低下した春の汗には、体内に再吸収されるはずの「ミネラル」が多く残っています。春にかく汗のミネラル濃度は夏の約2倍といわれるほどです。そのため、夏の汗はサラサラしてニオイが少なく、春の汗はミネラルが多いことからベタベタして、体臭も強くなりがちです。

また、春は入学・就職・転勤など環境の変化が大きく、緊張による「精神的発汗」もでやすいもの。手のひら、わき、足の裏などに多い精神的発汗も体臭の原因になります。

要改善! 体臭が強くなる悪習慣

体臭を改善させるために、まずは体臭が強くなる習慣がないかを振り返ってみましょう。

・食事の偏り

肉や脂のとりすぎは、アンモニアや皮脂の増加につながり、体臭の原因となります。肉や脂と一緒に緑黄色野菜、海藻類、果物類などをバランスよくとるようにしましょう。

・運動不足

運動不足で汗をかく機会が少なくなると、汗腺の機能が低下してしまい、体臭の原因になります。運動を定期的にして汗をかく機会を作ることで、汗腺の機能が回復します。

春の体臭を予防する工夫3つ

さわやかな春を過ごすためにも、体臭予防はとても大切です。予防する工夫を3つご紹介します。

・デオドラント剤を使う

デオドラント剤の使用は、手軽にできる体臭対策としておすすめです。ただし、体全体に使うと、発汗による体温調節ができなくなる危険があるので、わきや足など、ニオイが気になる部位に限定して使うようにしましょう。

・汗をかく機会を増やす

汗をかくと体臭には逆効果では? と思われるかもしれませんが、汗をかくことは汗腺の機能の回復になり、体臭対策として有効です。有酸素運動、入浴などでいい汗をしっかりかくようにしましょう。

・緊張をほぐす

緊張して精神的発汗があると体臭が心配で、余計に精神的発汗が起こってしまうこともあります。深呼吸やゆっくりとした呼吸をすることがおすすめです。また、普段の生活のなかで運動、入浴、趣味など、リラックスする時間を持つことも効果的です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ