無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[出産準備]赤ちゃんのねんねスペース、安全快適のためにNGなことは?

赤ちゃんと過ごすお部屋は、妊娠中から準備しておきたいもの。産後のお世話の流れを想定して準備しておけば、退院後すぐスムーズにお世話を始められます。押さえるべきポイントを理解し、今ある間取りを最大限に生かして、赤ちゃんが安全で快適に過ごせるようなお部屋づくりを始めましょう。

子育て

NataliaDeriabina/gettyimages

赤ちゃんと過ごすお部屋は、妊娠中から準備しておきたいもの。産後のお世話の流れを想定して準備しておけば、退院後すぐスムーズにお世話を始められます。押さえるべきポイントを理解し、今ある間取りを最大限に生かして、赤ちゃんが安全で快適に過ごせるようなお部屋づくりを始めましょう。今回は赤ちゃんのねんねスペースづくりについて産婦人科医の小川隆吉先生にうかがいました。

赤ちゃんのお部屋づくり★押さえておきたいポイント2つ

赤ちゃんのスペースを用意する前に、まずは次の2点をチェックして。

★どこにつくる?

「昼間明るく、夜暗い環境をつくれれば、昼夜同じ部屋でもかまいませんが、ママの目が常に届くよう、夜は寝室、昼はリビングに赤ちゃんスペースをつくるご家庭が主流です」(小川先生・以下同)

★注意点は?

「赤ちゃんのお部屋は、何よりも安全が最優先。掃除がしやすく衛生的な環境を保てること、ママがスムーズに動けてお世話が楽な動線を考えることも必要です」

【夜のねんねスペース】夜は静かに休める環境に

「夜は静かに休めるよう、寝室は暗く。夜中の授乳に備え、ママと赤ちゃんの寝具の高さをそろえましょう。昼夜の区別をつけるために、朝はカーテンを開けて明るくできる場所がおすすめです」

基本的にママとベビーは別々の布団で

「一緒の布団で寝ると、熟睡中にママが赤ちゃんに覆いかぶさってしまう危険があります。添い寝で寝かしつけても、寝ついたら別の布団に移してください」

かためのベビー布団は必ず準備

「赤ちゃんの敷布団は、窒息防止のために体が沈まないかたさのものを選びましょう。ベビーベッドの場合でも必要です」

これはNG!布団まわりにぬいぐるみは置かない

「窒息の危険があるので、ぬいぐるみやタオルを布団のまわりには置かないこと。ぬいぐるみは、ほこりやダニの温床にもなりがちです」

狭い部屋ほどベッド向き

「狭くて収納場所も少ない部屋ほど、ベビーベッドを置けば赤ちゃんスペースがしっかり確保でき、ベッド下を収納にも使えます」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ