無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[出産準備]赤ちゃんのねんねスペース、安全快適のためにNGなことは?

赤ちゃんと過ごすお部屋は、妊娠中から準備しておきたいもの。産後のお世話の流れを想定して準備しておけば、退院後すぐスムーズにお世話を始められます。押さえるべきポイントを理解し、今ある間取りを最大限に生かして、赤ちゃんが安全で快適に過ごせるようなお部屋づくりを始めましょう。

子育て

ベビーベッドか布団かはママの寝具に合わせて

「ベビーベッドか布団かは、ママの寝具に合わせるのが基本。ほこりが気になる、ペットを飼っているなどでベッドを選ぶママもいます」

【昼間のねんねスペース】ママの目がいつも届く場所に

「昼は、家事をしているときもママの目が届くよう、キッチンからも見える場所にねんねスペースを確保しましょう。物が落下したり、地震で転倒しやすい家具のそばは避けてください」

【NG】照明器具の下に寝かせない

「赤ちゃんはあお向けに寝て過ごすので、真上に照明器具があると、目への刺激が心配です。また、地震の際に落下する危険もあるので避けてください」

【NG】エアコンの風が直接当たらない

「赤ちゃんは体温調節が苦手なため、風が直接体に当たると冷えすぎや暖めすぎになりやすいです。布団の移動、エアコンの風向き、風量の調節をしましょう」

【NG】壁にカレンダーやポスターをはらない

「落下の危険があるカレンダーやポスターを、壁にはるのはやめましょう。上部にほこりがたまりやすいのも衛生面でマイナスです」

【NG】床にコードを散らばらせない

「赤ちゃんを抱っこしているときに、コードにつまずいたりすると危険です。コード類はなるべくまとめて壁沿いにはわせる工夫を」

ベビーチェア&ラックのベルトは必ず締める

「10㎝の高さでも、赤ちゃんが落ちて脳内出血を起こす危険があります。転落を防ぐため、使用中はベビーチェアなどのベルトを必ず締めてください」

ママの動線が確保できる

「産後のママは、慣れない赤ちゃんのお世話で疲れがち。なるべく楽に動けるよう、動線を考えて居場所やグッズの置き場を配置しましょう」

温度差の激しい窓から離す

「日光や外気の影響を受けやすい窓際は、できれば避けたいもの。ねんねスペースは、明るくて風通しがよく、なおかつ直射日光が当たらない場所に設置しましょう」

関連:心配すぎてベビーベッドから離れられない…【子育てなめてました日記#1】

赤ちゃんがある程度まとめて寝るようになるのは、産後しばらくしてからのこと。最初は2~3時間おきに寝たり起きたりを繰り返すので、ねんねスペースも夜と昼間の2パターン考えて用意しておきましょう。ねんねスペースが完成したら、明るさや気温、湿度、安全性などは大丈夫か、チェックしてみてくださいね。(文・たまごクラブ編集部)

■監修:小川クリニック 院長 小川隆吉先生

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ