無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「乾燥・黒ずみ・におい」デリケートゾーンケアを始める人が増加中! 悩み別アイテムの選び方

美容

デリケートゾーンに関する悩みを抱えている、年齢とともに感じるようになったという声も多く、ひと昔前に比べて情報や画期的なアイテムが豊富になってきたことからデリケートゾーンのケアを行なっている人が増えています。
今回はデリケートゾーンに関する悩みがあるけど何から始めればよいのかわからない、どういったアイテムを使えばよいのかわからないという人のために、エステティシャンである筆者がお教えします。

デリケートゾーンケアとは?

デリケートゾーンに関する話はなんとなく恥ずかしく、人には話しづらい印象がありますがとても大切な場所です。
皮膚はまぶたよりも薄く粘膜に近く、衣類に覆われていることから摩擦が起きやすく、通気性が悪い、複雑な形状をしているため汚れがたまりやすいです。
こういった理由から「汗やムレによるにおいやベタつき、汚れ」「衣類の摩擦による乾燥、黒ずみ」「乾燥によるかゆみ」に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
デリケートゾーンケアとは顔や体と同じように、においやベタつきの原因となる汚れを落とす、乾燥や黒ずみ、かゆみを招かないように肌状態を整えることです。

デリケートゾーンケアに使うアイテムとは?

デリケートゾーンケアのアイテムは汚れを落とす「洗浄ソープ・石けん」、肌のうるおいを与える「ミスト」、うるおいを高める「セラム(美容液)」、うるおいを維持する「クリーム」などがあります。
顔に使用するアイテムと同じように感じますが、デリケートゾーンはほかの部位に比べて皮膚が薄く敏感なため、洗浄力がやさしいものや天然由来やオーガニック成分から作られたアイテムが多いです。

「汚れ・ベタつき・におい」ケアにはデリケートゾーン専用ソープがおすすめ

デリケートゾーンは常に衣類に覆われているため通気性が悪く、汗やムレ、においの原因となりやすいほか、汚れやベタつきを感じやすいですよね。
こういった悩みを解消したい場合は、デリケートゾーン専用ソープを使うのがおすすめです。

ボディソープでデリケートゾーンも洗ってしまうと、汚れは落ちますが洗浄力が高すぎすことから肌の乾燥を深刻化させ、かゆみや黒ずみの原因になります。

私がおすすめするのは「ウィズムーン エフ フェミニンケア デリケートゾーンソープ」。肌にやさしいpH値弱酸性で作られていて、においやベタつき汚れをすっきり落としながら肌に必要なうるおいを与える洗い上がりが特徴です。

フォームタイプになっているので泡立てる手間もありません。

ポンプを押すとフワッとやわらかな泡が出てきます。

泡が汚れを吸着するので、ゴシゴシこするような洗い方はせず、やさしく洗いましょう。

天然精油のオレンジ、ラベンダー、ティーツリーのさわやかな香りなので、汚れやベタつきをすっきりと落とし、気になるにおいを解消し、肌に必要なうるおいは残るような洗い上がりです。

「乾燥・日中のにおい」ケアにはデリケートゾーン専用ミストがおすすめ

デリケートゾーンが乾燥してうるおいがない、外出時のにおいエチケット、生理中に感じる不快なベタつきやにおいケアしたいと感じたことはありませんか?
こういった悩みのときはデリケートゾーン専用ミスト「生活の木 ジョホリズム オーガニックフェミニンミストローション」がおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ