無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大掃除したのにもう散らかっている…は嫌!いつでも部屋がキレイな人の7つのルール

せっかく年末に大掃除したのに、すでにもう散らかり始めてる人はいませんか?そこで、いつでも部屋がキレイな人から、ずっと部屋を清潔に保つ方法を学びましょう。

2019年1月
ライフスタイル

もう部屋が散らかり始めてる…

頑張ってキレイに保ちたい

大掃除で家の中をキレイにしたはずなのに、すでに散らかり始めている…なんて人はいませんか?部屋が散らかる人は、片付けをサボるのがクセになっているので、一度片付けてもまたすぐに部屋がごちゃごちゃになってしまいがち。

Photo by Hutomo Abrianto / Unsplash

対照的に、いつでも部屋がキレイな人もいます。そんな人から学ぶ、いつでも部屋をキレイに保つためのルールをご紹介します。

1.物が少ない

1in1outの法則

そもそも物が少なければ、部屋は散らかりにくいです。物が少ないとスペースに広がりも生まれて、部屋が広く見え、清潔さもあるなどメリットがたくさんあります。

そもそも物を増やさないために、買い物から意識して、必要な物だけを買いましょう。新しいものを一つ買ったら、一つ捨てるという、1in1outの法則なら物が増えません。全ての物を見直し、不要な物を捨てるために、断捨離をするのもおすすめです。

年末こそ整理のチャンス!大掃除の“ついでに断捨離”を成功させるコツ

いよいよ新年へのカウントダウンがはじまりました。年末の大仕事と言えば大掃除!そして1年間たまった物を捨てる断捨離のいいタイミングでもあります。新年を気持ち良く迎えるために、効率よく大掃除と断捨離を進められるコツをご紹介します。
2389

2.完璧を求めない

「整理整頓」と「掃除」を分ける

部屋がいつでもキレイな人は、「整理整頓」と「掃除」の違いを知っています。「整理整頓」は物を決まった場所に片付けること、「掃除」は汚れなどを取って清潔にすることです。

重要なのは「掃除」を完璧にする必要はないこと。完璧に清潔にしようと掃除して、整理整頓できずごちゃついていてもキレイには見えません。整理整頓を重視して、掃除は適度にして、完璧を求めないようにしましょう。

3.物の定位置を決め、使ったらすぐしまう

ちょっとでも散らかったら片付ける

キレイな部屋のために意識してほしい「整理整頓」について。ちょっとでも散らかっていたら片付けるクセをつけましょう。見て見ぬ振りせず意識できるかが、キレイな部屋にできるかどうかの分かれ道です。

まずはどこに何を収納するか、物の定位置を決めましょう。持ち物を全て把握するためにも、物は少ない方が良いです。そして、使ったら元の定位置に戻しましょう。たったそれだけ。整理整頓はとてもシンプルです。

4.床置き、テーブル置きしない

部屋がキレイに見える2つのゾーン

Photo by Aaron Huber / Unsplash

部屋がキレイに見えるためには、床とテーブルに何も置かれていない状態が理想です。床に物があると掃除しづらく、テーブルに物があるとほこりがたまりやすいというデメリットがあります。2つのゾーンを意識して片付けましょう。

5.毎日掃除をしない

見えるところは毎日、それ以外は週1

キレイ好きだとしても、実は毎日全て掃除をするわけではありません。毎日掃除するのは、目が触れやすいところやよく使う場所だけでOK。他は週に1回にするなどして掃除しましょう。

例えば、リビングではテーブルの上を拭き、床をフローリングモップをかけるのは毎日行います。ゴミが出たり汚れたりしたら、そこもささっと掃除。テレビやリモコンのほこりの除去、隙間の掃除、掃除機をかけるなど、細かい場所の徹底した掃除は週1です。

saya on Instagram: “.
#無印良品
#ポリプロピレン収納キャリーボックス
.
.
無印のキャリーボックスに、よく使うお掃除グッズを収録しました.
#隙間掃除シリーズ もちろん買いました🙌🏻♩でもまだ使ってません😂”
instagram.com

このように目に見えて汚れているところは、頻度を気にせずささっとこまめに掃除しましょう。すぐ掃除した方が汚れも落ちやすいです。掃除道具を使う場所に置いて、掃除しやすくするのもポイント。こまめな掃除と徹底掃除を分けると効率的です。

6.後回しにしない

キレイになれるキッカケは目の前にある

面倒なことを後回しにする人は、片付けも後回しにするので、部屋がごちゃごちゃになってしまいます。いつでも部屋がキレイな人は、気づいたらすぐにやります。つまり、後回しにしないのです。

「使ったらすぐしまう」「こまめな掃除」にも共通しているのが、後回しにしないこと。他にも、取り込んだ洗濯物はすぐにたたんでしまったり、郵便物など書類をすぐにチェックしたり、買い物をしたら家計簿をつけたり…といった家事全般で後回しをしない方が結果的にはラクです。気づいたことはすぐにやりましょう。

7.「とりあえず入れておくゾーン」がある

1週間に1回は中身をチェック

今すぐに片付けられない物もあります。例えば、捨てようか迷う物、散らかっていて置き場所がない物、突然お客さんが来たので一度しまっておく物…など。

ミカチク on Instagram: “❁ #ダイソー の #ペーパーボックス 色はベージュとグレーの2色で迷って、 1番大きいサイズだけ2色買い、 ベージュメインにしました◟̆◞̆♡ 何入れます?←出たっ!無計画 1つは、CDやDVDを入れるケースがちょうど5個はいったので、それ用に◟̄◞̄*…”
instagram.com

そういった物は、引き出し、クローゼット、収納ボックスなど「とりあえず入れておくゾーン」の見えない場所にしまいましょう。ただし一時的な措置です。放置せず、週に1度は中身をチェックし、空にしましょう。

捨てようか迷う物は捨てるかリサイクル。置き場所がない物は収納場所を作る。一度しまっておいた物は定位置に戻す。期限を決めて後回しにする方法です。期限を守り、きちんとチェックすると◎です。

今日からキレイな部屋を作ろう

部屋をキレイに保つために必要な心がけは、どれも小さなことばかり。今から意識すれば、すぐにでもキレイな部屋は作れます。せっかく清潔にした部屋をキープするために、毎日の心がけを大切にしましょう。

記事に関するお問い合わせ