無料の会員登録をすると
お気に入りができます

それ、やっちゃうと逆効果!NGストレス解消法&改善法

ストレス解消のために何かしている人もいるでしょう。しかし、時に逆効果になってしまっていることを知っていますか?そんなNGストレス解消法と、改善する方法をご紹介します。

ライフスタイル

遅くてもいつもの起床時間から2時間後ぐらいまでにして起きましょう。睡眠不足は体に響くので、しっかり寝ることもストレス解消につながります。ストレスを感じているときは夜更かしなどせず、ゆっくりと眠りましょう。

ストレスを放置する

体と心に寄り添って

時間が経ったら解決するから、とあえてストレスに対処しない人もいませんか。しかし、ストレスから目をそらし続けると、どんどん心が追い詰められてしまうかもしれません。

もっと自分を大切にしてください。ちゃんと自分が頑張っていること、つらいことを認めましょう。それだけでも心は軽くなります。

あまりにも心の不調が続くようなら、精神科や心療内科など、メンタルを専門とした病院を受診するのも一つの方法です。心のストレスが体を蝕むこともあると、忘れずにいてください。

ストレス解消に大切な3つはコレ!

①休養

ストレスを抱えると、体も心も疲れ切ってしまいます。体も心もゆっくりと休めることで、ストレスも解消できるのです。例えば、お風呂は体も心もリラックス状態になれます。先述もしましたが、睡眠も最高の休養です。

またストレスを感じると自分の感情を我慢しがちです。そこで、好きなドラマや映画を観て、喜怒哀楽の感情を解放するのもおすすめ。怒りや憎しみを強くする作品よりは、ハッピーで笑える物語の方が、気持ちも軽くなります。

②運動

ストレスを感じるとコルチゾールというホルモンが増えます。コルチゾールはストレスホルモンとも言われ、体が危機を感じると増加します。体が興奮状態になってイライラが収まらず、ストレスが新たなストレスを呼ぶのです。

運動をしてもコルチゾールは増えます。ただ、運動後はコルチゾールが減るのです。しかも運動が習慣になっていると、コルチゾールは増えにくくなり、減る量は多くなることもわかっています。つまり、運動はストレス解消に最適な方法なのです。

おすすめなのはランニングやスイミング、サイクリングなどの有酸素運動を20~30分、週に2~3回行うこと。運動を習慣にすれば美ボディにもなれますし、一石二鳥ですね。

記事に関するお問い合わせ