無料の会員登録をすると
お気に入りができます

それ、やっちゃうと逆効果!NGストレス解消法&改善法

ストレス解消のために何かしている人もいるでしょう。しかし、時に逆効果になってしまっていることを知っていますか?そんなNGストレス解消法と、改善する方法をご紹介します。

2019年1月
ライフスタイル

ストレス解消したい!

でもその方法、逆効果かも…

世の中はうまくいくことばかりではなく、イライラしたり、もやもやしたり、ストレスがたまってしまうこともありますよね。そんなストレスを解消するさまざまな方法もあります。

そんなストレス解消法の中には、逆効果になってしまう方法が紛れ込んでいることもあるのです。そこでNGストレス解消法をピックアップ。きちんとストレス解消できる改善法もご紹介します。

“ネガティブ”な愚痴

ストレスをポジティブに考える

愚痴を言って気持ちがスッキリする人もいるでしょう。しかし、愚痴はネガティブな内容ばかりで、口にすることでストレスを自覚し、余計に落ち込んでしまうこともあります。愚痴を言われた側の人の気持ちまで滅入ってしまうかもしれません。

そこで、ストレスをポジティブに捉える視点を持ってみましょう。この出来事があったから成長できたとか、同じトラブルが起きても今度は対応できるなど。普段から物事の良い点を見るように意識することで、ストレスも良いチャンスだと思えます。

ただし、心が疲れきっているときに必要なのは休養です。ポジティブに考えるのは、むしろ問題から目をそらし、自分を苦しめることになります。無理してポジティブに捉えようとせず、そういう時には何も考えず、ゆっくりと休みましょう。

甘い物・油っぽい物を“ドカ食い”

罪悪感を抱かず、適度に食べる

ストレスを感じると、甘い物を食べまくったり、油っぽい物を暴飲暴食したり…。ドカ食いでストレス発散している人もいるのでは?食べて太ってしまうと怖くなり、後悔でまたストレスを感じてしまう…と悪循環なストレス解消法です。

ストレスを感じると飢餓感が高まります。それは、食欲を増大させるホルモンが増え、食欲を抑えるホルモンが減るから。食欲が湧いて、糖分や油分が欲しくなるのは自然な感覚なのです。

食べることに罪悪感を抱かないでください。気をつければ良いのは食べる“量”です。本当に食べたい物を1つだけなど、「頑張ったご褒美」としてポジティブな気持ちで食べれば、ストレス解消になりますよ。

記事に関するお問い合わせ