無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[小松菜]洗い方や茹で方と、みずみずしさを長持ちさせる保存法

レシピ

小松菜は数少ない東京生まれの野菜。冬が旬で、昔から正月の関東風のお雑煮にはかかせない青菜です。比較的鉄分を多く含んでいるのも特長。暑さや寒さに強く生育期間も短いので、家庭でプランター栽培しやすい野菜としても人気です。

栄養素

・β-カロテン
・カルシウム
・ビタミンC
・ビタミン K
・鉄 など

栄養素のポイント

ビタミンやミネラルを含む青菜といえばほうれん草を思い浮かべがちですが、実はビタミンC、カルシウム、鉄の含有量はどれも小松菜の方が多いのです。

厚生労働省が示す基準では、30~49歳の成人男女が1日に必要とするカルシウムの摂取量は550mg。カルシウムは不足しがちなので、小松菜を積極的にとりましょう。小松菜には骨の形成に必要とされるビタミンKも多く含まれています。

栄養満点!簡単小松菜ジュース

小松菜は牛乳と一緒にとることで、含まれるカルシウムやβ-カロテンの吸収率がアップします。手軽にとるなら「小松菜ミルクジュース」がおすすめ。小松菜+牛乳+りんごをジューサーにかければ、できあがりです。

旬・産地

12~2月が最盛期。冬の寒い時期に旬を迎える青菜として、昔から関東風のお雑煮にはかかせない存在です。現在では、一年中栽培できるように品種改良され、冬に穫れるものは「冬菜」「雪菜」、初春に収穫できるものは「ウグイス菜」と呼ばれることもあります。

東京でも生産

主な生産地は埼玉県、茨城県、福岡県。小松菜発祥の地である東京は全国第4位となっています。

選び方

小松菜の選び方のポイント

茎が太くしっかりしていて、葉は濃い緑色で肉厚のものが新鮮。
左のようにあまり丈が長くないものの方がやわらかです。

ポイント

株が太くなりすぎると、茎が固くなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ