無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

結露、乾燥、静電気...冬の部屋の「お困りごと」解決アイデア

冬になると、部屋のお悩みがたくさん出てきます。特に解決方法に頭を悩ますのが、「結露、乾燥、静電気」ではないでしょうか?そんな冬の三大お困りごとを簡単に解決できるアイデアをご紹介します。すぐに試してみたくなるものばかりですよ♡

ライフスタイル

冬のお部屋はちょっと大変!

冬はお部屋を過ごしやすい状態にするために、いろいろな工夫をしますよね。しかし、できれば面倒なことはしたくない!そこで、簡単にすぐできる!冬のお困りごと対策をご紹介します。

お悩み1.「窓や壁際の結露」

結露は、暖房などで暖かくなり湿気がこもった室内と、気温の低い室外の温度差が大きいことで発生します。拭いても拭いてもすぐに発生する結露、どのように予防したらいいのでしょうか。

対策1.換気と除湿をこまめにする

まずは、結露の原因「湿気」をお部屋から追い出すことが結露を発生させないための基本。こまめに窓を開けたり、換気扇を回すなどして、湿気をためこまないことを心掛けます。入浴後、料理中の換気は特に重要です。

除湿をすることも大切です。壁際や押し入れの奥は湿気が溜まりやすく、結露しやすくなります。放置しておくとカビの原因になることも!そうならないためにも、除湿剤などを置くことをおすすめします。

対策2.食器用洗剤で拭く

Instagram等でもやってみた!という方が多い、食器用洗剤で窓を拭き上げるという方法です。食器用洗剤には水をはじく成分が入っているので、結露を防ぐことが出来るというしくみです。

窓の汚れを綺麗に拭いた後、薄めた食器用洗剤で窓全体を拭き上げます。1週間ほど効果が持つそうなので、毎日結露を拭く作業が無くなるのは嬉しいですね。

お悩み2.「お部屋の乾燥」

お部屋の湿度が低すぎることも問題です。湿度が低すぎると乾燥し、肌トラブルが起こりやすくなったり、風邪などもひきやすくなります。乾燥を感じないと言われる50%前後の湿度を保つにはどうしたら良いのでしょうか。

対策1.洗濯物を室内に干す

お部屋の乾燥を防ぐ加湿器代わりに、洗濯物を部屋干しにして手軽に湿度を上げるアイデアです。冬場は外に洗濯物を干すよりも早く乾くうえに、お気に入りの洗剤を使えばお部屋の中もいい香りになりますよ。

記事に関するお問い合わせ