無料の会員登録をすると
お気に入りができます

センスのいい人に学ぶ、心地よい部屋の工夫。|〈Pasand by ne Quittez pas〉オーナー・神 真美『ヴィヴィッドカラーで彩られた家。』

インテリア

物件そのものの良さだけでなく、素敵な部屋には家主の持つさまざまな“工夫”がちりばめられています。実例をお手本に、センスアップのヒントを学びます。今回は、〈Pasand by ne Quittez pas〉オーナー・神 真美さんのお部屋をご紹介します。

インドの手仕事の美しさに共鳴して、エシカルでファッショナブルな服やプロダクツを発信している神真美さんは、昔からエスニックなものが好きだった。ヨーロッパに暮らしたときは、そうした国々のテキスタイルや手工芸品を、インテリアに上手に取り入れる「ミックスするセンスを学んだ」という。

閑静な住宅街。マンションの最上階に神真美さんの自宅はある。たっぷりと日差しの入る広々とした室内は、まさにテイストミックスの手本のようだ。時代も国も様式も、さまざまなものが集う。「エスニックなものをたくさん見てきたので、大胆な色を採り入れることにも抵抗がないかも」というように、色鮮やかなラグや小物が印象的だ。「インテリアに色を入れたいときは、ラグやクッションカバーなど取り替えられるものから始めるといいですよ」という。季節や気分で気軽に変えられるからだ。また、広いLDKをシーンごとに分けるのにも、鮮やかなラグは一役かっている。壁はなくても、ラグを敷くことで空間を自然に仕切ることができる。

すべてのものは、この場所のために選ばれたかのようにしつらえられているが、「買い物をするときに、テーブルが欲しいとかラグが欲しいとか、リストアップして買うようなことはないですね」という。気に入ったものに出会ったら買う。家具はもちろん、窓際の壁に取り付けたピエール・ガーリッシュの照明器具などもそのひとつだ。

旅先でいいなと思ったものがあれば「どこでつくっているの?」と生産者を聞いて出向いたり、作家に会いに行って購入することも少なくない。ものの大小を問わず、旅では必ず何かを買って帰る。「買わないと忘れちゃうし、好きだっていう気持ちも相手に伝わらないでしょう?」。そうした出会いを通して、真美さんはものや人を見る目を養ってきた。コーナーごとに置いた家具は、信頼するディーラーを通して購入したヴィンテージばかり。どこで使われて、どんな人の手を渡ってきたのか。ものが持つ背景をこそ大事にしたいという。

そんな多様な物語や思い出のあるたくさんのものを、ごちゃごちゃせずにセンスよくまとめるコツを聞くと、「買ったものをただ置くのではなく、ひと手間かけること」だという。絵や布のようなものなら額装する。鉢植えの植物なら、気に入ったプランツカバーに入れ替える。日本の規格に合わない照明器具なら、業者を呼んで取り付け工事をしてもらう。そのひと手間から、また新しい物語が始まる。

【DATA & PROFILE】

【PROFILE】
じん・まみ/〈ルシファーリサーチ〉代表。ロンドンで出会ったインド産のドレスに惚れて2003年に〈ヌキテパ〉を創業。インドの生産者と協働しながらライフスタイルブランドを運営。
【DATA】
■人数:2人暮らし
■築年数:24年
■居住歴:12年
■所在地:東京23区 駅徒歩8分

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ