無料の会員登録をすると
お気に入りができます

便利でお得なクレジットカード…使いすぎずに家計費管理するには?

日々の生活費を現金管理でなく、クレジットカードで管理をする家庭も多くあるようです。でも、手元に見える現金があるわけではないから、つい使いすぎてしまうという人も。カードで家計費を管理している『ウィメンズパーク』のママの体験談をもとに、ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんに「カードでの家計やりくり術」を聞いてみました。

ライフスタイル

apichon_tee/gettyimages

訪日外国人旅行者の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、クレジットカードや電子マネーで支払いができるキャッシュレス化の動きが高まっています。日々の生活費を現金管理でなく、クレジットカードで管理をする家庭も多くあるようです。
でも、手元に見える現金があるわけではないから、つい使いすぎてしまうという人も。
カードで家計費を管理している『ウィメンズパーク』のママの体験談をもとに、ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんに「カードでの家計やりくり術」を聞いてみました。

こちらもおすすめ→ 無駄なお金を使わないためにどうしたらいい?【節約のための4つのポイント】

カード払いしたら、使った金額をすぐ「見える化」

クレジットカードで支払いをすると、つい使いすぎてしまう…そんな失敗を防ぐためには?

使った金額がすぐわかるように!毎日Excelで入力

我が家では、クレジット払いできるところは、必ずクレジット払いです。現金のみのスーパーもあるので、現金も使います。
クレジットと現金を使うと、使った金額がわからなくなるので、Excelで使った金額を入力するだけの家計簿をつけています。
毎月の予算があるので、日々入力すれば、今月の予算残高もすぐにわかります。
計算式を入れておけば、より使いやすいです。

「見える化」して現状を把握

支払いは基本カード。使ったカードごとにノートに記入して、明細がでたら、照らし合わせて引き落としのチェックをします。
それとは別に、家計簿をつけていて、週ごとに合計を出すので、使いすぎたら翌週はセーブしたりします。
カードで「ついつい」買っちゃっていいのは、予算を決めなくても余裕の人か、予算が多くて余裕の人くらいだと思います。
とにかく「見える化」して現状を把握して使い過ぎを防止しています。

カード家計管理で陥りがちな「使い過ぎ」防止法

毎月の予算を決めていても、目に見えないカード決済だと使い過ぎてしまう場合も。ママたちはルールを決めて予算オーバーしないように工夫していました。

カード利用分を切り上げて取り分け。小銭貯金に!

クレジットカード利用分を切り上げて、とりわけ袋に入れています。2738円の買い物をしたとしたら、3000円を「クレジットカード用とりわけ袋」なるものに入れます。
袋の表には、日付と金額を記入します。そうすることで、クレジットカードを使えば使うほど、貯金が増えるというシステムです。
カードのポイントもしっかりと貯められるし、端数の切り上げによって、小銭貯金でも貯められます。ただし、予算は、少々多めに組んでいます。

2つの封筒を使って、使いすぎを予防

封筒Aに大まかな月の生活費の10万円を入れてます。
カードで使うたび、その金額を別の封筒Bに入れます。
使えば使うほどAの封筒の現金はなくなるので、それを目安にしてます。
月が終わればBの封筒の現金をまたAに移します。
その繰り返しです。
カードを使いすぎると貯金をおろさなきゃならないから、使いすぎ予防になってます。

ネットバンキングを活用し、資金を管理

カードを使用したらすぐネットバンキングで資金移動をして、カード利用出来る金額を常に把握しています。夫の給料から積立預金・カードで引き落としの公共料金や保険・修繕管理費などを引いて、残った金額が生活費になります。生活費の中からいくらかは、現金で手元に置きます。残りはカード払い用に残してあるので、使ったらすぐ引き落とし口座へ資金移動すれば、あといくら使えるかがすぐわかります。

現金でもカードでもレシートは取っておく

クレジットカードでも明細がでますよね。毎月いくらまでと決めておいて、現金+カードがその金額以内に済むようにしています。
また、ネットで買うものはそのサイトで作ったカードを利用します。食費で使うカードをその1枚と決めているので、年末には8万ポイントくらいになります。毎年そのポイントでお年賀やおせちを購入しています。

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む