無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お部屋がおしゃれなる『照明』の使い方。スタイリストのアドバイスで大変身!

インテリア

たった1つのアイテムを家に迎えるだけで、インテリアの完成度が上がり、部屋がぐっと心地よくなる。そんなテクニックを、スタイリストの官野亜海さんが伝授。「圧迫感のない自然素材やガラスのキーアイテムを、用途に縛られずに取り入れるのがコツ」とのアドバイスを元にハナコラボ パートナーの自宅をブラッシュアップする。

お悩み部屋の住人はこの2人

◆写真・動画クリエイター・永田尚子(ながた・なおこ)「育児中でも、イギリスアンティーク調を楽しみたい!」
4LDKの一軒家に越して4カ月。イギリスアンティーク調やカフェ風のインテリアが好き。7歳・5歳・0歳の息子の子育て中で、繊細なガラスやスタンド型の小物が置けないという制限がある。ごちゃつかず実用性も大事にしながら、好きなテイストに挑戦したい。

◆ハナコラボプロデューサー・土屋志織(つちや・しおり)「今の持ち物を生かしながら、遊び心で彩る方法は?」
1LDKの賃貸マンションで一人暮らし。チェストやテーブルなどの家具を気に入ってはいるが、前の家からそのまま持ってきた印象を拭えないのが悩み。今ある赤い小物を生かしつつ、部屋をもっと飾りたい思いが。狭く感じさせずに彩る方法を知りたい。

今回のワンアイテム…「照明」

絶大な効果を持ち、一瞬でムードを変えられるのが“照明”。置き場所や光の向きを変えたり、シェードで変化をつけたりすることで、空間演出を楽しもう。

1.圧迫感を与えないガラスシェードがおすすめ。

大ぶりの植物のような存在感で、部屋の余白にメリハリを生みだすフロアライト。空間が洗練されるものの、背が高いゆえの注意点は、圧迫感のないアイテムを選ぶこと。クリアなガラスシェードなら視界を遮ることなく、一人暮らしの家にもフィットする。「来客時はソファ側に、と移動できるメリットも。一つの空間に複数の光源があると、光の表情に変化が生まれ、雰囲気が格段によくなります」

2.LEDのキャンドルライトで安全に配慮した癒し空間に。

玄関の靴箱の上にキャンドルライトを置くと、ホテルのウェルカムライトのような演出になる。LEDでキャンドルの炎を表現したライトは、充電式バッテリーのコードレスタイプ。持ち運べるので、玄関で鍵置き場を照らすだけでなく、夜に足元を明るくするランタンにもなる。「揺れる灯りの癒し効果と、LEDの安心感のいいとこ取りができます」

3.クリップライトをベッドサイドの灯りに。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ