無料の会員登録をすると
お気に入りができます

梅雨や夏場のイヤ~な生ごみ臭を軽減! 100均の消臭アイテムを使ってみた #Omezaトーク

100yen

みなさんこんにちは、編集Mです。突然ですが、みなさんは生ごみを捨てるゴミ箱の消臭対策をしていますか? 冬場はとくに問題ないものの、最近ぐっと気温が高くなったことも関係しているのか、キッチン用ゴミ箱のニオイが気になることが多くなりました。なるべく生ごみの水気をしっかりと切ったり、新聞紙に包んで捨てたりなどの工夫はしているものの、ゴミ収集日までの数日間でニオイがこもってしまうのです。そこで私がとり入れてみたのが、100均に売っていた「生ゴミ用 消臭・芳香剤」。

こちらはゴミ箱のフタの内側に貼りつけることで、生ごみ臭や腐敗臭をカットし、簡単に消臭ができるというアイテムです。使い方は、小さな丸い形の芳香剤をオレンジのイラストが描いてある袋に移し替え、袋の裏側のシールをはがしてゴミ箱の内側にペタっと貼るだけ。芳香剤はスッキリとしたオレンジの香りで、緑茶成分が配合されています。

こちらの商品はこの芳香剤が3つ入っており、使用量の目安は20L用のゴミ箱ひとつにつきひと袋。有効期限はひと袋で2~3週間なので、3つで約1か月半~2か月ほど使えることになります。わが家のキッチンのゴミ箱は少し大きめサイズなので芳香剤を2つ貼りつけているのですが、このアイテムを使い始めてからゴミ箱を開けるたびにむわっと香る不快な生ごみ臭がかなり軽減されました! 芳香剤の香りが強いわけではなく、ふわっと香る程度なのもいいです。また、シールで貼りつけるだけなので、とりはずしも簡単に行えるのがうれしいポイント。

梅雨の湿気や夏場の暑さで生ごみのニオイが気になるこれからの時期、ますます活躍してくれそうな予感です(編集M)

Omezaトークとは…
FYTTE 編集部員が、みなさんの朝のお目覚ましになるようなダイエット・美容・健康小ネタをお届けするコラムです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ