無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼はあなたの虜♡エッチを焦らす「まみむめも」の法則

彼とのエッチで盛り上がるコツは「焦らし」です。要求に応えすぎても、拒否しすぎても、イマイチ乗り切れません。そんな、彼の気持ちも高まるような「まみむめも」で焦らす方法をご紹介します。

2019年1月

彼とのエッチを盛り上げる「まみむめも」

大切なのは“焦らし”でした♡

彼とのエッチで自分からも仕掛けたいな、と考えている女性におすすめなのが“焦らし”です。思い通りにいかないじれったさと、彼女が積極的になってくれている姿に、男性も興奮するはず。

そこで、エッチを焦らす「まみむめも」の法則をご紹介します。

ま:「まだ」

いたずらっぽく or 余裕なくを使い分けて

彼が触れようとしたら、脱がそうとしたら、愛撫しようとしたら、入ってこようとしたら、絶頂に達しそうになったら…そんなアクションに対して、焦らすように「まだ♡」と言いましょう。

最初はいたずらっぽく、彼を我慢させるのが楽しいというように。特にMっ気のある彼なら喜びます。段々と激しくなり、お互いの気持ちが盛り上がってきたら、それ以上されたら限界…というように、余裕なく「まだ…」と言いましょう。使い分けもポイントです。

全てのアクションにストップをかけると、スムーズにいかずぐだぐだになることもあるので、「まだ」を使うのは2~3回だけにしておきましょう。

み:「見ちゃダメ」となかなか脱がない

“脱ぐまで”もプレイに

服をあっという間に脱いでしまうのはもったいないです。すぐに見えてしまうものに、男性はあまり興奮しません。恥じらいを見せて、「見ちゃダメ」となかなか脱がずに焦らして、彼の「見たい!」気持ちを高まらせましょう。

脱いでからではなくて、“脱ぐまで”もプレイです。自分から脱ぐのをためらったり、彼に脱がされるときも、恥じらいを忘れずに。

む:むっつりキス

キスの時間だけでもたっぷり取って

お互いにとって気持ちのいいエッチというのは、体の相性やテクニックではありません。“愛”を感じられるかどうかです。そんな愛を深めるために、始まる前からキスの時間をたっぷり取って、イチャイチャしましょう。

最初は軽くタッチするようなキス。少しずつ絡みが深くなり、夢中になっていくように。始めるまでを焦らしながら、キスの時間も楽しめるように。キスでどんどん愛情が強まり、気持ちも高まり、この後も最高の時間となるはずです。

キス上手は愛される!彼をメロメロにする「25種類のキス」を詳しく解説♡

キスがうまい女性は愛されるそうです。それは、男性をいつまでもドキドキさせられるから♡キス上手になるために、たくさんあるキスをこっそり学んで実践しちゃいましょう。
4425

め:目線を上手に使う

上目遣い・じっと見つめる・反らす

焦らしテクニックとして、目線を上手に使いましょう。うるんだ瞳で上目遣いで見るだけでも、彼はドキッとします。あなたのかわいい表情に、愛しさも強く感じられるかもしれません。

あなたが攻めているときは、彼の表情を覗き込むように、じっと目を見つめて。挑戦的な笑みを浮かべても良いでしょう。積極的な彼女に、彼はドキドキが止まりません。

あなたが攻められているときは、表情を見られるのが恥ずかしいというように、目を反らすのも色っぽいです。たまに彼の目を見て、感じている姿をしっかりと見せるのも、彼をゾクッとさせられます。目線であなたの思いを伝えましょう。

も:悶える姿を全身で伝える

表情・声・カラダを意識して

あなたが感じて悶えている姿を、全身で伝えることを意識しましょう。まずは表情。最初は笑顔で余裕があったのに、段々と苦悶の表情を浮かべると、感じていることが伝わって色っぽく見えます。

声や吐息も思わず漏れてしまったように、彼のアクションに応えるように反応すると◎。そして、身をよじらせたり、寝具を掴んだりして、カラダでも気持ちよさを伝えて。全身で彼を惑わせましょう。

彼はあなたの虜になる♡

「まみむめも」の法則で焦らし上手になれば、彼はあなたの虜になるでしょう。彼任せにするだけでなく、自分からも“焦らし”で気持ちを盛り上げて、二人でドキドキする時間を作ってはいかがでしょうか。

記事に関するお問い合わせ