無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬のぶくぶくコーデを脱却!防寒しながら着痩せを叶える4つの方法

冬は暖かさを重視するあまり、気がついたらぶくぶくと着膨れしたコーデになりがち。防寒もしながら着痩せができたらどんなにいいか…そこで!手持ちの防寒アイテムの着こなしを変えて、細見えに近づける方法を紹介します。もちろんおしゃれさも忘れません♪

ファッション

防寒しながら着痩せしたい!冬のぶくぶくコーデを脱却せよ

wear.jp

冬はとにかく防寒重視!そんなこと言っているうちに着膨れしていたなんてことありますよね。防寒を優先してぶくぶくコーデになっちゃうのはもったいない。防寒しながら着痩せできる秘訣、知りたくないですか?4つの方法を紹介します。

着痩せしやすいアウターを選ぶ

厚手のアウターがぶくぶくコーデの最大の敵かも。せっかくインナーがおしゃれなのに着膨れするなんてまっぴらごめんですよね。アウターは着痩せして見えるものを選ぶのが手っ取り早い!

zozo.jp

着痩せNo.1はチェスターコートです!チェスターコートは縦に長いストンとしたシルエットが特徴で、かなり細見えが狙えます。とはいえ厚着には向いていないので、気にするべきは素材。ウールやカシミヤなど、天然繊維のものを選ぶのが◎たくさん着込まなくても暖かいですよ。

zozo.jp

オーバーシルエットのアウターは、中にたくさん着込んでいてもラインを拾わないのでバレにくいですよ。着込んでいるのがバレにくいだけでなく、華奢にも見えちゃいます♡カーキのアウターは特にこなれ感も出せてGOOD。

zozo.jp

ボアアウターは2018冬のトレンドにもなっていて、着ている人が多いですよね。でもボアはかなり着膨れ要注意のアウターなので、お尻がすっぽり隠れる丈かそれ以上の長さのものを選んで。ジャストで着るとぬいぐるみのような丸っこいシルエットになって、ぶくぶくコーデまっしぐらなので気をつけて。

マフラーなどで重心を上に持ってくる

足元が重く見えると、どうしても着膨れしがち。マフラーなどで重心を上に持ってくるだけでかなり着膨れは回避できますよ。首回りは元々細いので、多少ボリュームがあってもぶくぶくには見えないんです。

wear.jp

長めのマフラーをぐるぐる巻きにして首元にポイントを。先端を前に垂らすと縦長見えしてスタイルもよく見えますよ。顔が埋まるくらい大げさに巻いてもかわいく見えるので、思い切ってやってみては。

wear.jp

厚手のニット編みのマフラーもボリュームが出てGOOD。一周巻いて片側だけ垂らすとこなれた印象に。コーデに合わせてブラウン系でまとめると統一感もあっておしゃれ度がグッとアップします。きれいめなコーデのアクセントとしてもニット編みのマフラーは使いやすいですよ。

wear.jp

首回りだけにピンポイントでボリュームを出すなら、巻いて垂らすよりも、ぐるぐるにして先端同士を入れ込む巻き方がいいかも。ルーズなコーデにはちょっとかっちり見えるくらいの巻き方がおすすめです。巻き方次第でイメージが変わるので、いろいろ試してみて。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ