無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今すぐ試して!家族の「あれどこいった⁉」イライラ解消収納ワザ

インテリア

家のなかで、家族みんなで共有して使うもの、どのくらいありますか? 急いでいたり、手が離せないときに限って「ねぇあれどこ〜?」と聞かれたり、ものが出しっぱなしだったりで、ストレスを溜めている人も多いはず。そこで、整理収納アドバイザーの水谷妙子さんに、家族がものを探さない収納のコツを教わりました。

家族との時間が増える夏休み前の今こそ、家族ファーストな片づけにトライ!

【画像を見る】迷子になりがち…「学校のプリント類」はこう収納するのが正解! https://www.lettuceclub.net/news/article/1091286/i10926575/

【あれどこ? その1】学校などのプリント類

発行元別に色分けしたバインダーに挟んで分類

子どもがいる家庭の場合、保育園や学童、小学校や中学校などからさまざまなプリント類が配布され、混乱しがち。発行元別に色分けしたバインダーを用意し、それぞれに分類。パラパラとめくれて確認しやすいのがメリット。挟めなくなったら見直しを!

【あれどこ? その2】テレビのリモコン

テレビを見るときに座る場所に必ず置くことをルール化

「使う場所のすぐそばに収納する」。これが家族がものを見つけやすくなる第一歩。例えばみんなが座ってテレビを見る場所がソファーの上が多い場合、リモコン置き場はソファーの上!

【あれどこ? その3】お菓子類

浅い引き出しに立てて収納するとパッと見てわかる

さまざまな形状をしたお菓子の袋は、深いボックスに入れてしまうと行方不明になりがち。一目でわかるとうに、浅い引き出しに立てて、適度に仕切って収納を。

【あれどこ? その4】子どもの文房具

全部の中身が一目でわかる引き出さない分類ケースが◎

整理収納アドバイザーの水谷さんのお宅では、3段の書類トレイにケースを並べたスペースが子どもの文具収納。引き出さなくても中身が一目瞭然で、ぽいっと入れれば片づけ完了です。子どもが分かりやすいように、絵とひらがなで「てーぷ」などと書いたラベルを貼ると片づけが簡単に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ