無料の会員登録をすると
お気に入りができます

真剣交際に発展しない!「都合のいい女」化する女性の特徴

女性側は真剣交際を望んでいるのに、男性は本命彼女にするつもりがなく、都合のいい女として扱ってしまう。なぜ片方が真剣に付き合いたいと思っているのに、男性にとって都合のいい女になってしまうのでしょうか?
いつも都合のいい女になってしまう人の特徴や行動をまとめてみました。

恋愛・結婚

なぜ都合のいい女になる?

真剣に付き合いたいのに、なんで?

女性側が男性と真剣に交際をしたいと思っているのに、いつの間にか男性の都合のいい存在になってしまうのはなぜなのでしょうか?

彼の気の向くときに連絡が来て、付き合ってはいないけれど体を許してしまい、交際にも発展しない関係が続くのはなぜなのでしょうか?いつも本命彼女ではなく、都合のいい女になってしまう人の特徴や行動をまとめてみました。

連絡をしない&デートの頻度が少ない

心が繋がってれば安心!ではないかも

都合のいい女になってしまう女性は、好きな男性に対して「重い女だと思われたら嫌だから」とあまり連絡をしなかったり、デートの頻度が少なくても文句を言いません。また男性からの連絡やデートの頻度が少なくても文句を言わないのは、彼が仕事が忙しいからだと思っているためです。

実際には1日に連絡もできないほど忙しい事はなく、ただ単に彼がその女性に連絡をしたくないから連絡をしていないだけという場合も。なかなかデートの約束が取り付けられないのは彼の仕事が忙しいだけでなく、その人に費やす時間はないと思っているからかもしれません。

つまり連絡もなくデートの予定も立たないのは、「その女性には興味がない」ということ。それを男性は行動によって表現しているのに、都合の良い女になってしまう人は自分の好きなように解釈をしてしまうのです。

自分の都合のいいように勝手に解釈する

果たして彼は本当にそう思っているのか?

都合のいい女になってしまう人は、男性がどう思っているかを自分の都合の良いように解釈をしてしまいます。男性が詳しい事を話してくれなかったとしても、想像力をかき立てて、「きっと彼はこう思っているんだ」と彼の思っていることを想像します。

相手の状況や立場、心境などを想像してみるのも良いことなのですが、それが彼の都合ではなく、自分の都合のいいように解釈をしてしまうので、都合のいい女になってしまいます。

例えば彼が告白をしてこないけれど、体を求めてくることに対して「体が触れ合っているから、きっと彼は私を愛しているんだ」と思い込むのは危険です。告白や交際については曖昧に濁すのに、体ばかり求めてくる男性は誠実な交際を求めていないかもしれないのです。

記事に関するお問い合わせ