無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冷蔵庫の残り物でパパッとご飯!彼に「料理上手認定」されるコツとは

レシピ

突然、手料理を振舞うことになったら?

冷蔵庫の残り物でパパッと簡単に作るには?

突然、彼氏が家に来ることになって料理を振舞うことになったり、彼氏の家で「お腹が空いたから、何か作ってほしい」と言われたら、どんな手料理を振る舞いますか?

冷蔵庫の残り物でパパッと美味しい食事が作れたら、料理上手としてのポイントも上がります。わざわざ食材をスーパーに買いに行かなくても、それなりに美味しく作れるコツをまとめてみました。

定食を意識すれば間違いなし

ご飯、味噌汁、サラダ、メイン料理を意識

短時間で冷蔵庫の残り物でパパッと美味しいものを作るには、どんな料理を出せばいいのかというイメージをある程度持っておきましょう。

迷った時には、定食をイメージすれば失敗はありません。ご飯、味噌汁、サラダ、メイン料理を準備することで、出来上がった時に彼も喜んでくれるはずです。

メイン料理は何がいい?

ニンニク・酒・醤油で10分程度下味をつける

まず肉や魚のメイン料理は、味付けと焼き加減でそれなりにメイン料理になります。ニンニク、酒、醤油で10分程度下味をつけておけば、揚げても焼いても美味しく食べられます。下味をつける時にはポリ袋の中に肉と調味料を入れて、揉み込んでおけば、少ない調味料でもしっかり味付けができます。

火加減は弱めでじっくり

肉も魚もあまり高温で長く焼いたり、煮たりすると固くなったり焦げ付いてしまう可能性があるので、弱火から中火でじっくり調理して柔らかく仕上げましょう。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

冷める時に味が染み込む

ある程度、調理の時間に余裕がある時には、冷ます時間も確保しましょう。例えば二日目のカレーや煮物が美味しく感じるのは、作った料理が冷める時に味が染み込むからです。しっかり冷ましてから、食べる時に温め直すことによって、二日目のカレーや煮物のように染み込んだ味付けになります。

記事に関するお問い合わせ