無料の会員登録をすると
お気に入りができます

工夫すべきはこの5つ!エアコン節電効果をアップさせるためにしておくべきこと

ライフスタイル

目次

もうすぐ夏休み、家族が家にいる時間がぐっと増えますね。

家にいる時間が長くなればなるほど、気になるのがエアコンなどにかかる電気代。

一方で、この時期は暑さもピークを迎えます!

うまく節電しながらおうちで居心地良く過ごす方法ってあるの??

住環境を研究する専門家の先生に、お部屋の快適度と節電効果をアップさせるためにできる工夫を、たくさん教えてもらいました。

在宅ワーカーの方も、必見です!

【画像を見る】目に入る場所にコレを置いておくと涼しさアップ!? https://www.lettuceclub.net/news/article/1092931/i10950256/

体感温度を下げる一工夫で、節電効果をアップさせて!

教えてくれたのは▷宮本征一先生

摂南大学理工学部教授。

快適な暮らしを実現するため、人が感じる暑さや寒さの側面から住環境を研究している。

「ちょっとした工夫で心地よさはアップします。

自分にとっていちばんくつろげるのはどういう環境なのかを考えながら、快適な空間をつくってくださいね」(宮本先生)

1▷夏は北側など涼しい部屋で過ごす

窓や壁に直射日光が当たらない北向きの部屋は、室温が上がりにくいというメリットが。

日中も涼しく、エアコンの効きもいいので設定温度を高めにしても快適に過ごせます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ