無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仕事も休みも大事にしたい!ワークライフバランスを確立するヒント7選

仕事を頑張り過ぎて、プライベートがおろそかになっている。そんな風に感じたら要注意です。上手くバランスを取らなければ、体だけでなく心も疲れ切ってしまいますよ。そこで今回は、ワークライフバランスを確立するためのコツをご紹介します。

2019年1月
ライフスタイル

毎日忙しくて疲れが取れない…

今の仕事を長く続けたい、できるだけ良い評価が欲しい。そんな風に思っていると、働く時間が長くなってしまいますよね。毎日頑張り過ぎて、心身共に疲れが溜まっていませんか?

そこで見直したいのが、「ワークライフバランス」。しっかり働いたら、その分しっかり休むことを意識してみましょう。

ワークライフバランスが整えば、次の週まで疲れが残ることが少くなり、ストレスも溜まりにくくなりますよ。早速、ワークライフバランスを確立するためのヒントをご紹介します。

①オフの時間は仕事を忘れて!

ワークライフバランスを確立する一番のカギは、オンとオフをきちんと分けて切り替えることです。例えば仕事のことが頭から離れなくて、誰かと過ごす時間を心から楽しめなかったことはありませんか?

ぼんやりと仕事のことを考えても成果は出ないばかりか、大切な人との関係にヒビが入ってしまう可能性もあります。家でも仕事をするのなら、時間を決めて集中するべき。あとの時間は、思い出さないようにしましょう。

②何もしない時間を作る

効率良く仕事をするためには、毎日スケジュールを組むことが基本ですよね。同じように、オフの時間の過ごし方もあらかじめ決めておきましょう。

ここでおすすめなのが、遊びでも仕事でもない「空白の時間」を予定に組み込んでおくこと。例え3分だけでも何もせずボーっとできる時間があると、心が落ち着きますよ。

③1日の終わりに振り返る

夜寝る前に、その日の過ごし方を振り返ってみてください。仕事を残してしまった、夜更かしをしたなど、反省点はありませんか?

怠けていたから…と思うかもしれませんが、実は無理なスケジュールが原因のことがよくあります。毎日スケジュールを少しずつ調節して、自分に一番合うやり方を見つけましょう。

④時間の使い方を見直す

オンオフのバランスが上手く取れないときは、今の生活を見直すことが必要です。例えば、家事に時間をかけすぎてリラックスする暇がなくなっていませんか?

時短ワザを活用したり、疲れているときに毎日の掃除や洗濯を1日おきにするのは、決して悪いことではありません。「これが当然」と思い込んでいることを変えてみると、今より楽に生きられるようになるはずです。

⑤NOと言える勇気を持つ

ワークライフバランスを確立するには、遊ぶときは遊ぶ!が基本です。しかし、その遊びの予定は本当に楽しみにしていたことでしょうか?

全く興味のないイベントに誘われて退屈していたら、充実した休日だったとは言えませんよね。上手に休息を取るには、思い切って断る勇気が必要なのです。

⑥体を動かす時間はマスト!

仕事が忙しい時期は体を動かす時間が勿体なく感じられますが、実はそんなときこそ運動がマスト!動かないままではストレスが溜まり、体も心もスッキリしない状態が続いてしまいます。

とは言え、運動することが苦痛に感じられるようでは意味がありません。まずは1週間に何時間と決めて、スキマ時間に少しずつ体を動かすようにしてみましょう。軽い筋トレやウォーキングだけでも、気分が変わりますよ。

⑦好きなことを毎日する

ストレスを溜めないようにするには、週末にパーっと遊ぶだけでなく平日に息抜きをすることも大切です。自分が楽しいと思うことを、できるだけ毎日続けてみてください。

ただし、毎晩飲みに行くなど体に負担がかかることでは、かえって疲れが増してしまいます。読書や料理など、体力を使わず短時間でできるものが良いですよ。

上手に休めば仕事の質も上がる♡

www.pexels.com

働き方を1人で変えるのは難しいかもしれませんが、オフの時間の使い方はあなた次第!ただ何となく休むのではなく、どんな風に過ごしたら体と心が元気になれるのか考えてみてください。仕事の質も上がりますよ。

記事に関するお問い合わせ