無料の会員登録をすると
お気に入りができます

長続きする秘訣が知りたい♡ 年の差恋愛が上手くいくコツ6つ

芸能人にもたくさんいる「年の差カップル」。最近では10歳以上の年の差があるのも珍しくなくなってきましたね。年の差カップルは年齢の近いカップルよりも長続きしやすいというデータも。今回は、そんな年の差恋愛を長続きさせるコツをご紹介したいと思います。

2019年1月
恋愛・結婚

昔に比べて圧倒的に多くなった年の差恋愛♡

「歳が離れすぎていると話題が合わないのでは?」と思う人もまだまだ多いとは思いますが、昔に比べて最近では10歳以上差があるカップルも珍しくなくなってきました。

SNSやオンラインゲームなど世代を超えて人がつながりやすくなったこともありますが、女性の場合、年上男性が経済的に余裕のあるということも大きな要因のようです。

また、同級生や年の差があまりないカップルは無意識にライバル意識を持ってしまいがちですが、歳の差があるとお互いが違いを認め合えるのでメリットも多いと言われているんです。

続きやすい理由って?年の差カップルの秘訣

1. 相手の価値観を受け入れる覚悟をもつ

年齢が離れていればいるほど、当然価値観も大きく違ってくるもの。相手に精神的に未熟でお子様だな…と思ったり、逆にあなたが思われたりすることもあるはず。

でも、それを認めずに一つひとつ否定していたら、相手をまるごと否定していることと同じになります。彼の価値観を全否定するのではなく、まずは受け入れる覚悟を持つことが大切です。

2. あえて年の差を楽しむ

年の差があるということは、それだけお互いが知らない世界を知っているという風にも言い換えられます。つまり、世代が違うだけで相手が見てきたものや経験したものも大きく違ってくるわけです。

そんな違いを少しずつ知っていくことで、二人の視野がグンと広がっていくと思うとワクワクしてきませんか?年の差だからこその「楽しさ」を見出すことができれば、二人の絆もより良いものになっていくはず。

3. お互いに依存しすぎない

年の差があると、どうしても年下の方が年上に甘えて依存してしまいますよね。上手くいっている年の差カップルは、お互いにしっかりと自立していて、年齢に関係なく対等な関係を築けている人たちが多いのも事実です。

また、年下の彼だとなんとなく「頼りない男性なぁ」と思えてしまうもの。年下であったとしても、女性を守る男性の役割を持つことに変わりはありません。お互いが自立していれば年の差など関係なく良い関係になりますよ。

記事に関するお問い合わせ