無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1月22日はカレーの日♡どんな料理も美味しくなる万能カレー粉が新発売!

1月22日がカレーの日って知っていますか?それに合わせて、万能調味料として使えるスゴいカレー粉が新発売!ひとさじでどんな料理も本格的な味になると話題です。時短が叶うアレンジレシピも必見♡

2019年1月
レシピ

「カレーの日」にスゴいカレー粉が新発売♡

1月22日に自然派食品を扱うタマチャンショップ から発売された、万能カレー粉「なないろカレー」。美味しいカレーを簡単に作れるだけでなく、あらゆる料理を短時間で絶品に仕上げてくれると話題です。

プロデュースしたのは鈴木亜美さん!

タマチャンショップ と共に「なないろカレー」の開発を手がけたのは、歌手の鈴木亜美さん。歌姫のイメージが強い人も多いと思いますが、実は小学生の頃から料理に目覚め、高い知識が必要な「フードアナリスト2級」も取得しているという食のプロなんです。

「一番に考えたのはお手軽さ。ベースとなるスパイスに出汁や野菜パウダーも調合して、これ1つでどんな料理も美味しく仕上がるようにした自信作です」と鈴木さん。

化学調味料や防腐剤を使わないのはもちろん、グルテンフリーで小麦粉アレルギーの方も安心。「家族のために作って喜んでもらえた嬉しさが、料理にハマった原点」という鈴木さんの思いが込められた、大人から子供まで家族全員で楽しめる万能カレー粉です。

なないろカレー

タマチャンショップ

¥ 880

コリアンダー、クミン、ターメリックなどのカレースパイスの他、無添加ダシや野菜パウダーも配合され、これ1つでどんな料理も本格的な味に仕上がる万能カレー粉。化学調味料、防腐剤、小麦粉など全部で7つのフリーを実現。(1袋120g)

商品詳細
なないろカレー
商品詳細

簡単&絶品!「なないろカレー」アレンジレシピ5選

「小さい子供がいるので、普段から料理は“時短で体にいいもの”がテーマ」という鈴木亜美さん。そんな鈴木さんが考案した、「なないろカレー」を使ったアレンジレシピをご紹介!

①玉とろトースト

「朝食にぴったりのカフェ風トーストです。カレー粉の味がしっかりしているので、塩やバターは使いません。シンプルだけど美味しいですよ」(鈴木さん)

〈作り方〉

1.食パンに「なないろカレー」とマヨネーズを混ぜたソースを塗る。
2.食パンの縁を囲むように、とろけるチーズをたっぷり載せる。
3.真ん中に生卵を落とす。
4.ブラックペッパーを振り、レンジのグリルかトースターで約5分、卵が半熟になる程度に焼く。

②デリ風マヨ和え

「具材をオリーブオイルで炒め、マヨネーズであえたカレー粉とあえるだけ。野菜ときのこならどんな具材でも合うと思います」(鈴木さん)

〈作り方〉

1.ブロッコリーはレンジで熱を通しておく。
2.「なないろカレー」とマヨネーズを混ぜたソースを作る。
3.ニンニクのみじん切り、ベーコン、マッシュルームをオリーブオイルでソテーする。
4.ブロッコリーを加え、ソース全体にあえて完成。

③おつまみナッツ

「子供のおやつや、おつまみとしておすすめ。蜂蜜を入れることで味が絡みやすくなります。炒めた後にキッチンペーパーで余分な油を抑えると、よりヘルシーに」(鈴木さん)

〈作り方〉

ミックスナッツ、ハチミツ、「なないろカレー」を混ぜ、オリーブオイルで炒めれば出来上がり!

④タンチキ

「作り置きにもいいタンドリーチキン。カレー粉に含まれた野菜パウダーが鶏肉に染み込んで、旨味たっぷりに仕上がります。ゆっくりと火を通すのがポイント」(鈴木さん)

〈作り方〉

1.鶏もも肉に軽く塩胡椒をし、「なないろカレー」、ヨーグルト、ハチミツと共に袋に入れて揉み込む。
2.冷蔵庫で20〜30分寝かせる。
3.2.のつけ汁も一緒に、フライパンでじっくり焼く。

⑤タイ風カルパッチョ

「レモンとカレー粉でタイ料理のような風味になり、自分でもびっくりするくらい美味しかった(笑)。白身魚はタイやヒラメなどお好みで」(鈴木さん)

〈作り方〉

1.「なないろカレー」にレモン汁とオリーブオイルを混ぜる。
2.白身魚の刺身に回しかけて完成。

手軽に本格カレーを楽しもう♡

いつもの料理にプラスするだけで本格的な味になる「なないろカレー」。時短も叶えてくれるので、1つあるとかなり便利ですよ。オンラインショップから購入できるので、ぜひチェックしてみてください!

「タマチャンショップ 」のHPはこちら
記事に関するお問い合わせ