無料の会員登録をすると
お気に入りができます

逆境を生きるあなたへ。立ち向かう勇気を持つ7つの方法

自分では一生懸命なつもりなのに、白い目で見られたり、「空気を読め」と言われたり、うまくいかず結果が出なかったり…。逆境も乗り越えればあなたの糧となります。そんな大変な状況に立ち向かう方法を知っておきましょう。

2019年1月
ライフスタイル

具体的な方法として、まずは自分が思ったことや感じた疑問点・問題点を、全部書き出しましょう。仕事でいうと「評価が下がった」「周りとうまくいかない」「上司に嫌われているのかな」など。

事実もあるかもしれませんが、自分の感想や想像であることも多いはず。その中の事実だけを抜き出し、解決するための方法を考えて、いろいろと実践してみましょう。そうすればきっと良い方向に変化していくはずです。

4. 信頼できる人を大切に思う

ずっとあなたの味方だから

逆境の中にいると、世界のどこにも自分の味方がいないような、孤独を感じることもあります。しかし、その苦しい状況から一旦離れてみると、あなたにとって信頼できる人がいるはずです。

仮に仕事で逆境にあっても、他の場所に家族や恋人、友人という大切な人がいるでしょう。互いに信頼し合える人たちです。そういった人と一緒に過ごし、大切に思いましょう。一人ではなく、味方がいると思えば、心強く思えるはずです。

5. 言いたいことをきちんと言う

伝えたいなら“言い方”に気をつける

逆境にあると「誰も自分の言うことを聞いてくれない」と感じ、諦めて相手に合わせてばかりになってしまうことも。しかし、言いたいことを言わないと、本当の意味での信頼関係は築けません。どちらかが不満を持ち続けるだけです。

自分を隠し続けるのはつらいだけ。言いたいことはきちんと伝えましょう。大切なのは“言い方”です。

「こうするのが当たり前」「~~やって」と言うより、「私はこうしたら良いかなって思ってる」「~~やってくれると本当に助かります」と言えば、同じことでも柔らかく伝わり、相手も気持ちを汲み取ってくれるでしょう。

6. 感謝と信頼を忘れない

どんなに冷たい人だとしても感謝の気持ちを

感謝の気持ちを忘れないでください。とはいっても、あなたにひどい対応をする人もいるでしょう。そんな人に感謝の気持ちなんて出てこないと、思うかもしれません。しかし、相手と同じ土俵に上がってしまうと、あなたもひどい人になってしまいます。

記事に関するお問い合わせ