無料の会員登録をすると
お気に入りができます

逆境を生きるあなたへ。立ち向かう勇気を持つ7つの方法

自分では一生懸命なつもりなのに、白い目で見られたり、「空気を読め」と言われたり、うまくいかず結果が出なかったり…。逆境も乗り越えればあなたの糧となります。そんな大変な状況に立ち向かう方法を知っておきましょう。

2019年1月
ライフスタイル

逆境に立ち向かうのはつらい…

乗り越えたら、あなたはもっと強くなる

人生には思い通りに行かず、逆境に陥ることもあります。自分では一生懸命にやっているつもりなのに、白い目で見られたり、「空気読め」と思われたり、うまくいかず結果が出なかったり、思いがけない災難で今まで積み上げてきたものを失ってしまったり…。

そこで味方がおらず、孤独を感じてしまうかもしれません。本当に大変ですが、その逆境を乗り越えれば、あなたはもっと強くなれます。そこで、逆境に立ち向かう勇気を持つための方法を学びましょう。

1. 負の感情を切り替える

経験値を上げるチャンスと考えて逆境を成長に

逆境だと、「悔しい」「悲しい」「つらい」といった気持ちを抱くでしょう。そういった負の感情に寄り添うことは大切です。時には、自分が悪いと反省する必要も。しかし、負の感情に飲み込まれすぎて、自分のことを責め続けるのはNGです。

ネガティブな気持ちになって終わり、だけではもったいないです。失敗こそエネルギーになります。「この経験を次に生かそう」「もう同じ失敗をしなくて済む」など自分の経験値を上げる機会と解釈して、気持ちを切り替えましょう。

2. 主体性を持つ

自分の人生は自分で決める

逆境だと本当に自分が正しいのかわからなくなり、自分以外の考えだけに従うようになってしまうこともあります。「〇〇さんが言ってたから」「私はこうだって言われたから」というように。

しかし、あなたの人生は、“誰か”ではなく“あなた”のものです。誰かに言われたからその通りにして、誰かの評価を気にしていては、自分の幸せが“他人軸”になってしまい、自分のことを、自分自身の手で幸せにしてあげることができません。

逆境だからこそ、主体性を持ちましょう。自分がどうしたいのか、自分がどう思っているのか、自分にとって素晴らしいことはなんなのか、考えてみて。自分自身を大切にする選択が、あなたにとって正解のはずです。

3. やり方を変えて試行錯誤する

問題点を一つ一つ見直す

自分のやり方でうまくいかないことが続くときは、やり方を変えてみましょう。どうしたらいいのか、もっと良い方法はないか、もっとうまくできないか、試行錯誤して実践するのです。

記事に関するお問い合わせ