無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[群馬・法師温泉]登録有形文化財の歴史ある温泉宿〈法師温泉 長寿館〉でご褒美を。

群馬・法師温泉にある、100年以上の歴史を持つ登録有形文化財の温泉宿〈法師温泉 長寿館〉をご紹介。足元湧出の生まれたばかりの温泉と、地のものを使った絶品グルメで、心身ともに癒されませんか?

編集部 / Hanako編集部

旅行・おでかけ

与謝野晶子も宿泊した、歴史ある湯宿。

本館、別館共に国登録有形文化財に指定されている。10年ごとに杉皮葺きの屋根を張り替え、創業当時と同じ姿を保っているそう。

三国峠にほど近い、標高800メートルの地に静かにたたずむ宿。冬場は人間の背丈よりも深い雪にすっぽりと包まれるほど雪深いから、春の訪れとともに芽吹く新緑の鮮やかさは格別。

与謝野晶子が宿泊した、本館の「20番」客室。

浴槽の底から湧き上がる美しく澄んだ生まれたばかりの湯でほっこり。

古くから混浴スタイルを貫く「法師乃湯」

1世紀以上にわたり人々を魅了し続けているのが、アーチ型窓から差し込む光が蒸気を揺らす混浴の「法師乃湯」だ。

総檜造りの内湯がある「玉城乃湯」、ヒバ張り造りの 「長寿乃湯」がある。

4つの浴槽は温度が異なり、足元から自然湧出する湯が、時折ぷくぷくとその姿を現す。きのこを用いた吸い物、鱒ますの南蛮漬けなど、地の物を使った夕食を早めにとり、ゆっくり湯に浸かる時間を確保するのがいい。夜8時から10時の2時間に限り、混浴から女性専用に替わるのでご安心を。生まれたての湯をその場で味わえることは、体にとってのまさにご馳走。

おみやげはコレ!

「法師温泉玉子せんべい」10枚540円(税込)

香ばしく玉子の風味が◎。本館の玄関、混浴風呂などの焼き印入り。

〈法師温泉 長寿館〉

夕食は川魚や旬の山菜など地産地消にこだわる。ご飯は南魚沼産コシヒカリ。
JR上毛高原駅から猿ヶ京行き関越交通バスで約30分、終点下車、法師温泉行き町営バスに乗り換えて約20分、終点下車。
■群馬県利根郡みなかみ町永井650
■0278-66-0005 みなかみ
■チェックイン/15:00 チェックアウト/10:30
■33部屋
■1泊16,350円(税サ込)~

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ